2018年7月31日放送の世界仰天ニュース
今回はワキガの最新治療について

 

 

スポンサードリンク

 

暑くなると深刻な問題のワキガ

未来の治療法が開発されようとしている
カリフォルニア大学のクリスさん
画期的な方法で治療をするという

 

何が原因でワキガの嫌なにおいが
出てくるのかというと
『バクテリア』
なのです。

 

わきに棲みついているバクテリアが
汗や老廃物を分解し臭いを発生させる
多くの人がバクテリアがいる上に
スプレーをしたりして清潔に保ち
繁殖させないように努めている。

 

しかし状態の維持は困難です
そこでクリスさんは
『ワキガではない人のバクテリアを
採取・培養をする』

という事を思いついたのです。

 

それをワキガで悩んでいる人の
脇の下に移植するというもの
バクテリア自体を入れ替えて
臭いを失くすという

 

この細菌の移植というのは他の病気でも
実績があるという、例えば胃膜性腸炎
という腸の病気、この場合は腸内環境の
細菌を入れ替えるという。

 

健康な人の便を病気の人の腸へ入れる
最新の治療法として
うんちをカプセルに入れて飲むというもの

 

するとカプセルの中の最近の働きで
腸内環境が改善されていくという。

 

このような細菌移植をワキガにも採用
すると殆どの人に効果があったという
現在は実用化に向けて
研究が続けられています。

 

 

スポンサードリンク