2018年3月12日放送の
たけしの世界まる見え!で
人食いバクテリアに感染したのに
助かったというケースの
特集をしていたので記します
しかしこれは極めてまれなケースです。

 

ある太った女性が人食いバクテリアに感染

ある女性、頻繁に腹痛が続いたため
医師に相談したところ
きちんと検査したほうがいいと
言われて腹腔鏡検査をする事に。

 

その結果特に心配することはないと
言われて安心したのもつかの間・・・
翌日、お腹に激痛が走りました。

 

病院に搬送されて、病院スタッフは
とんでもないものを見つけた・・・

 

彼女の体からは人食いバクテリアが
見つかったのです、人食いバクテリアは
感染すると皮膚や筋肉などが徐々に壊死
内臓までに至る
極めて致死率の高い細菌

 

感染経路はなんと、お腹の検査を
受けた手術器具
だと判明した!
しかし女性は命が助かりました
それはどうしてなのか?

 

なんと・・・
『女性には人食いバクテリアでも
食べきれないほどの脂肪があり
そのため人食いバクテリアが血管に
到達して全身へと広がる前に
菌に侵された脂肪を切除し
食い止める事が出来た』

というのです、なんという偶然でしょう・・・

 

つまり、太っていたおかげで助かった
という事なのです。

 

 

スポンサードリンク