2018年5月29日放送の教えてもらう前と後
今回は光老化や紫外線についての特集
肌に与える影響は大きく
これからの季節は日差しが非常に
厳しくなってきます、そのためには
正しい日焼け予防をする必要があります。

 

 

スポンサードリンク

 

光老化が肌を蝕む!

加齢や老化により肌は老化する
しかし肌老化の8割は光が原因
このように言われている
加齢は2割程度なのです。

 

光老化は負債のようなもので
ちょっとずつ蓄積されて突然
シワやシミが出てくる。

 

なのでスキンケアが重要となる
日傘が特に大切だと友利先生は話す。

 

5月から紫外線は強く降り注ぎ出す
なので日傘をこの時期から
面倒かもしれませんが
使うようにしましょう。

 

そして日傘にも寿命があります
2~3年と言われている
摩擦によって日傘のUVカット
効果が薄れてくるという。

 

新品の日傘と、3年以上経過した
日傘の紫外線を防ぐ量を比べると
新品とでは遮光率が3割程度違う

 

次にサングラス
紫外線対策という観点では
2つポイントがあり
大きさと色なのです。

 

紫外線対策をきちんとする場合
サングラスは薄めの色のものを
選択しましょう。

 

色の濃いサングラスと薄いサングラス
その違いというのは、瞳孔です

 

瞳孔は目の中にはいる光の量を
調節する場所、なので色の濃い
サングラスをかけていると
瞳孔は光をより取り込もうとする
なので紫外線が目の中に
入りやすくなるのです。

 

反対に色の薄いサングラスは
瞳孔にあまり影響しないので
紫外線を取り込む量は色の濃い
サングラスよりも少ない。

 

さらに最近の研究では
目から紫外線が入ると全身が
日焼けするというのです。
(しかし動物実験の段階です)

 

 

スポンサードリンク