京都大学医学研究科のグループが
大変な発表をしましたね
マウスの実験ではありますが
免疫のブレーキの一種を解除すれば
白血病が完全に治るというもの
どういうことなのか?

 

 

スポンサードリンク

 

免疫のブレーキ解除って?

元記事はこちらになります
こちらのほうがわかりやすいかと
免疫ブレーキ解除で白血病治癒 京大、マウス実験で発見
白血病というのは血液の癌と
言われています。

 

それが完全に治るっていうのは凄いですね
ただ、マウスの実験という現状では
ありますけど、いずれ人にも
使用することが出来るようになれば
白血病患者さんには嬉しいことです。

 

免疫ブレーキの一種を解除って?
どういうことなのかというと
細胞の動きをコントロールしている遺伝子
SIPA1というものがある。

 

マウスの実験ではSIPA1の働きを
取り去ったマウスに白血病の素となる
細胞を移植しました。

 

すると白血病を発症しなかった
反対にSIPA1が働いているマウスに
同様のことをしたら
白血病を発症したという。

 

オプジーボとの違いは?

オプジーボは通称
免疫チェックポイント阻害剤と
言われています。

 

画期的な治療薬とされていて
どういう働きをするのかというと
免疫細胞の一種であるT細胞
これはがん細胞を攻撃してくれる
ありがたい細胞です。

 

しかし、がん細胞はこのT細胞の攻撃を
止めるブレーキのボタンの在り処を
知っていて、それをがん細胞に
押されてしまうと
たちまちT細胞は攻撃をやめて
その間にがん細胞が増殖していく。

 

オプジーボは、このT細胞についている
ブレーキボタンを保護して
がん細胞にボタンを押させないようにし
T細胞に思う存分攻撃をしてもらう

というための薬なのです。

 

なので今回見つかったこととは
働き自体が全く違うわけです。

 

今後どうなっていくのか気になりますね
ガンが無くなる時代が
一刻も早く訪れてほしいものです。

 

 

スポンサードリンク