世界仰天ニュース、日比野佐和子先生が陥った糖質制限の危険性、極端な糖質制限はやめよう

糖質制限はいまだ賛否両論がある
というのを頭に入れて
実践する人はしていきましょう

日比野佐和子先生が、身をもって
糖質制限の危険性を体験しました
それは一体どういうものだったのか?
これはマネをしてはいけない
極端な糖質制限です

 

まず糖質制限って何かを簡単に

糖質制限というのは
ご飯や麺類などを抜く代わりに
肉や魚などのたんぱく質や脂質は
積極的にとるという
ダイエット手法の一種。

ご飯や麺類は、血糖値を上昇させるが
たんぱく質はそれほど大きな上昇を
もたらす事はありません。

血糖値を上昇させてしまう事で
下降させるために、インスリンが多く分泌
血中の糖は脂肪細胞に取り込む
これで脂肪は大きくなっていき
肥満へとつながっていく。

糖質制限は、口に入れるご飯や麺類などの
炭水化物を減らす事で
インスリンの分泌を抑えられるので
脂肪を減らせると考えられるもの

さらに、炭水化物の摂取量が減ると
中性脂肪等が分解されていき
これがエネルギーを作り出すので
元々あった体脂肪も減少していく
というものなのです。

厚生労働省の基準では、一般的な食事の
糖質の割合は50~65%と言われていて
日々の先生はこれを5%にまで制限
極端すぎる糖質制限をしていました。

極端な糖質制限をしたかいもあって
体重は3か月で14㎏も減少しました
しかし・・・
ここから日比野先生の体に変化が
起こってくるのです。

3年ほど経った頃に出てきた症状

・体から酸っぱいにおいがしてきた
つまり体臭がきつくなった
この正体はケトン体、体はエネルギーを
得るために脂肪を分解すると
血液中にケトン体が放出されるため
臭いがきつくなったのです。

・顔が老けていった
これは過剰なお肉の摂取が原因と
考えられている、食べ過ぎる事で
分解の過程で発がん性物質が発生したり
腸内で悪玉菌が増えたりしてしまい
このような影響が出たと考えられる。

・ぼんやりする事が多くなった
極端な糖質制限をすると脳の働きが
低下するためです。

・右腕と右足に力が入らない
一過性脳虚血発作を発症していた
一次的に脳内の血液の流れが悪くなり
よく言われるのが、脳梗塞の前兆
です
中性脂肪の値が基準値を超えていたため
起こったのです。

その後、極端な糖質制限を止めて
炭水化物も摂取するようになり
体重は17㎏もリバウンドしましたが
『痩せる習慣を身につける』
日比野先生は、1日3食は摂っているが
量を減らして、間食にナッツ類などを
食べていくようにした。

そして、食事をして30分後に運動をすると
血糖値を上げにくくする体質になると
言われております。

食前に運動をしてしまうと
血糖値は下がった状態になるので
そのあとに食事をしたら血糖値は
急上昇してしまうそうです。

参考にした番組
2019年8月27日放送 世界仰天ニュース

 

スポンサーリンク