2018年7月23日放送の名医のTHE太鼓判
今回はサルコペニアの特集です
50代から要注意と言われております
サルコぺニア改善にはどうすればよいのか?

 

 

スポンサードリンク

 

サルコぺニアになる原因って?

最近こんなことありませんか?
・疲れやすい
・重いものが持てない
・つまづく

 

それはサルコペニアかもしれません
サルコペニア=筋力減少
という意味があります
つまり筋肉が減り筋力が衰えた状態

 

加齢、運動不足、偏った食事
この3つが主な原因と言われている
若い方でもサルコペニアの予備軍が
増えているとのこと。

 

食事の偏りですが、タンパク質不足が
大きな問題となっている
野菜などをとってヘルシーなのは
いいですが、タンパク質がほとんど
含まれていないので不足してしまう。

 

サルコペニアを患っている方は
自分でペットボトルのキャップも
開けられないようになったという。

 

サルコペニアのセルフチェック法

・自転車で坂を登れない
・片足で立ち上がり5秒以上静止できない
・指で輪っかを作りふくらはぎの部分を
はめるとスペースができる

 

どれか1つでもできないと
サルコペニアの予備軍だそうです。

 

サルコペニア改善のメソッド

まずはなんといってもタンパク質を
摂取する事ですよね
1日のタンパク質の推奨量は50gと
言われております

 

卵なら7個
納豆なら6パック
豆腐なら3.5丁
豚肉なら200g程度

 

さすがにこれだけ食べるのは大変
肉が好きな人なら豚肉はクリア
出来そうですが。

 

栄養士界の重鎮と呼ばれている足立さんは
1日5食たべているのですが
土の食事にもまんべんなく
たんぱく質を含む食材を摂取していた。

 

卵や豚肉、お刺身、ヨーグルト、豆類など
これらをふんだんに摂取
1日のたんぱく質摂取量はなんと113g
という推奨量の倍を摂っていた。

 

これほど食べる必要はないですが
1日3食のなかで、うまく1日の必要量を
摂取していくと50gは意外と
難しくないかと思います。

 

 

スポンサードリンク