冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

ソレダメ、野菜の栄養を捨てない切り方と調理

Pocket

2017年11月15日放送のソレダメ
今回は今話題の本
「その調理、9割の栄養捨ててます」
についての特集です
野菜の調理や切り方について学んでいきます。

 

 

スポンサードリンク

 

現在15万部の大ベストセラーとなっている

例えば、いちごのヘタを切り落とすのはだめ
あの白い部分に栄養が詰まっている。

 

次にナスは水でアク抜きをするというのもだめ
老化防止や美肌効果があるナスニンが
水に溶けやすい性質のため抜けていって
しまうためです。

 

にんじんの栄養を捨てない切り方

風邪予防にも良いとされている、風邪予防に
重要なβカロテンを含んでいる
しかし、ある切り方をしないとβカロテンを
逃してしまうといいます。

 

その切り方というのは、乱切りなんです
部位によって含まれる量が違う
βカロテンは皮の部分に多く含まれる
更にポリフェノールも含まれていて
人参は皮ごと食べることが望ましい

 

なので乱切りで食べる方がβカロテンを
効率よく摂取することが出来る
千切りにしてしまうと、βカロテンの
少ない部分(人参の中心部)にあたると
多く摂取することが出来ないのです。

 

しかし生で食べるとβカロテンの吸収率は8%
なので皮付き人参で油と一緒に食べると
βカロテンの吸収率は70%以上にアップする。

 

ピーマンの栄養を捨てない切り方

ピーマンはビタミンC・βカロテンが
多く含まれている、特にビタミンCに関しては
レモンの3倍多く含まれています
これを多く摂れる切り方があります。

 

それは縦斬り、細胞が縦に並んでいて
その中の栄養や成分を維持できる

輪切りは細胞を断ち切り栄養が出てしまう。

 

更にピーマンにはこれからの季節
嬉しい効果が・・・・
それは血行を良くする効果のピラジンが
含まれているのです。

 

特にわたと種に多く含まれています
緑の部分と比べその量は10倍です。
ピーマンの肉詰めで食べると良いとのこと。

 

ブロッコリーの栄養を捨てない切り方

肝機能を高めたり、老化防止や美肌などの
効果が期待できるスルフォラファン
摂取することが出来る。

 

このスルフォラファンを効果的に摂れる
調理法があります、それは切ってから茹でる
大事なポイントが有り、切った後5分放置する
不思議なことに、ブロッコリーを切った直後は
スルフォラファンはないと言われている。

 

それが切った後に放置している間に
スルフォラファンが作られていくのです。

 

ニラの栄養を捨てない切り方

疲労回復効果のあるアリシンが含まれている
アリシンをより多く摂るために
食べるといい部分がある、それはニラの根元
ここにアリシンが多い、因みに葉先は
ビタミン類が多いとのこと。

 

更に切り方にもポイントがあり
部位によって切り方を変えるのが良い
ニラの根元は、細かく刻むと酵素が働き
アリシンの吸収率がアップ
する
なので根元はみじん切り。

 

刃先の部分は細かく切ると栄養素が
逃げてしまうのでざく切りにする。

 

ごぼうの栄養を捨てない切り方

脂肪を溜まりにくくするクロロゲン酸が
豊富に含まれています
このクロロゲン酸をより多く摂れる
ごぼうの切り方がある、それは大きく切る。

 

ごぼうはささがきにするとクロロゲン酸が
調理中に逃げやすくなる
クロロゲン酸は水に溶けやすい
のです。

 

ごぼうを大きく切ることで栄養を逃す
量というのは減っていくのです。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?