2018年3月6日放送の世界仰天ニュースで
アレルギーの特集をしていました
最初は肉アレルギーについて。

 

 

スポンサードリンク

 

肉アレルギーのきっかけはある生き物?

島根県在住の女性、食べ物は
一切気にするものはなかった
豚の焼肉定食を食べたのだが
3時間後に突然体にかゆみが・・・

 

腕にびっしりと蕁麻疹が・・・
しかも段々と全身に広がった
最初は抗ヒスタミン薬の注射を
打ってもらい塗り薬を処方された
その後、快方へと向かいました。

 

本人は軽い蕁麻疹程度に考えていたが
1ヶ月後家ですき焼きを食べると
2時間後に再び猛烈な蕁麻疹が・・・
更にその2か月後にも牛もつ鍋を
食べた後に同様の症状が。

 

どちらも注射と塗り薬で治まっていたが
本人には原因がわからない・・・

 

女性はまさか肉かと思い
魚中心の食生活へ切り替えると
症状はぴたりと治まった
しかし3ヶ月後、突然蕁麻疹が・・・
肉は口にしていないのに。

 

そこで今までと何かが違うと感じていた
酷い悪寒を感じていて
アナフィラキシーショックを起こした。

 

一体何に反応したのか?

後日詳しく調べてもらうと
牛肉と豚肉には著しい反応が出た
ですが、肉を食べる事を控えていたので
今回のアナフィラキシーショックに
とても大きな疑問を持っていた

 

医師は疑わしいものを調べたが
反応はなかったが、実は食べていた
カレイは子持ちだった
のです。

 

そこでカレイの魚卵でテストをすると
しっかりと反応が出たのです

 

理由として牛肉や豚肉でアレルギーを
発症した人は交差反応の為
カレイの魚卵でも
アレルギーが出る事がわかった
のです。

 

交差反応というのは、元々のアレルギーと
似た抗原を持つ別のものにもアレルギー反応が
出てしまう
事を言います。

 

どういう事かというと、例えば白樺の
アレルギーを持っているとリンゴを
食べた時にもアレルギー反応を起こす。

 

交差反応の例、一部ではありますが
白樺=リンゴ、桃
スギ=トマト
イネ=メロン、スイカ
ブタクサ=バナナ

とあります。

 

女性は食の楽しみはちょっと減ったが
食べるものを気を付ける事で
アレルギーは避ける事が出来た。

 

しかし大元の原因
つまり牛肉や豚肉、カレイの卵の
アレルギーの原因はマダニだったんです。

 

マダニは山林や草むらに生息し
人や動物の血を吸う、そして
肉アレルギーと同じ抗原を持つ。

 

マダニに噛まれたことがきっかけで
肉などにアレルギー症状を起こして
しまうという
刺されないように気を付ける必要がある。

 

 

スポンサードリンク