2018年3月6日放送の世界仰天ニュースで
アレルギーの特集をしていました

 

 

スポンサードリンク

 

自分のせいで他の人がアレルギー?

40代のごく普通の女性、自分自身が
他の人にアレルギーとなるものを
持っていると言います。

 

PATM(パトム)と呼ばれている
こういう状態の人を。

 

その症状に気づいたのは6年前
高校でアシスタントティーチャーを
していました、一方で専門学校にも
通い始めていた。

 

忙しいせいで疲労感はあった
なので早めの就寝を心がけていたが
いくらねても疲れが取れない
こんな状態が1年ほど続いた。

 

すると彼女の周りで奇妙な事が・・・
授業中、異臭がするという学生がいた
少しして、学生が目のかゆみや
鼻水が出る症状を訴え始めた

 

しかし女性が少し離れると症状は治まった
だけど反対側へ移動したら
今度はその付近の学生に同様の
症状が出た
のです。

 

そこで女性は身体を入念を洗ったり
消臭効果のある洋服を買ったりしたが
効果は全然なし。

 

女性は明らかに自分のせいだという
事は気づいていたが、その原因が
全然わからない。

 

その後女性は学校を退職
生活の為職を転々とするが
変なにおいがして鼻水や咳が出る
症状を訴える人がいました。

 

そして症状が出始めて6年が経った頃
パトムという症状にたどり着いた
すぐに診察を行っている病院へ。

 

まず皮膚ガステストを行った
おならなどの生体ガスの一種で
300種類以上も体の表面から出ている
ガスの総称です。

 

子供から年配者まで誰からも出ています
そこでわかったのがトルエンの反応が
高く出ていた
のです。

 

塗料や接着剤の溶剤として
使われている石油化学物質で毒性が強い

 

パトムのメカニズムや原因については
不明な点が多いが、一説では皮膚ガスとして
放出される化学物質によって
周囲の人がアレルギーに似た反応を
示してしまうと推測
されている。

 

PATM(パトム)の患者さんで皮膚ガステストを
行うと、ほぼ100%の確率で
石油化学物質が高くなっている
傾向にあるそうです。

 

女性はあることで改善された
それは腸内環境や体の
解毒機能を整えるサプリメントを数種類飲む方法

これで症状は大きく改善され
臭いはないと言います

 

しかしこれで確実に改善される
というわけではなく、女性には
これがあっていたという事です

 

特効薬などは現在ありませんので
身体のバランスを整えていくという治療
それで治る人もいれば治らない人もいる
という現状があります
今後の研究が待ち望まれる。

 

 

スポンサードリンク