2018年6月12日放送の教えてもらう前と後
今回は6月に急増する病、カビ肺炎に
ついての特集です
エアコンの使い方次第で
肺を壊すこともあるという。

 

 

スポンサードリンク

 

エアコンを使うとこんな事ありませんか?

嫌な匂いがでてきて
風邪でもないのに咳が出てくる
それらの原因はエアコンから
出てくるホコリ。

 

池袋大谷クリニックの大谷義夫先生に
教えてもらいます
キンタロー。さんのお宅の
ホコリの状態をチェックします。

 

エアコンに溜まったホコリというのは
カビが繁殖している可能性が大きい

 

アスペルギルスというカビに注意
エアコンに多く繁殖し他のカビ菌と比べ
強い病原性を持つことがある。

 

これが肺に入ると、乾いた咳や
痰などの症状を引き起こす、通称
『カビ肺炎』
となってしまう可能性もある
ひどいと肺に穴があいてしまうことも

 

どうしてアスペルギルスがエアコンの
中で繁殖をしてしまうのか?
ポイントはエアコンの中と外の温度差。

 

エアコン内部は温度が低く外側は
温度が高い、気温差が生まれて
内部では結露ができて湿ってしまう

 

カビは湿り気が非常に大好きで
餌となるホコリが入ってくると
もうアスペルギルスにとっては楽園。

 

その状態でエアコンをつければ
カビが部屋全体に広がってしまう。

 

アスペルギルスの対処法は?

ボタン一つで対処可能だそうです
エアコンを消す前に送風モードで
乾かすようにする

 

これこそがカビの繁殖を防ぐ
送風モードでエアコン内部を
乾燥させることになりますからね
冷房のあとに送風モードを
30分かけましょう。

 

知らないと怖い肺の病、肺MAC症

MAC菌という結核菌に酷似した
菌の感染によって起こる肺の病
発症しても気づかないことが多く
進行すると呼吸困難になる恐れも。

 

そして中高年の女性に急増している
肺MAC症は人から人への感染はなく
感染源はお風呂場とされている。

 

原因はお風呂場の掃除
浴槽についた水垢やシャワーヘッドの
ぬめりに潜んでいる
のです。

 

この菌がお風呂掃除の時に
水しぶきから体内に入るという
ケースで肺MAC症を発症するとのこと。

 

防ぐためにはマスクしながらお風呂場を
掃除することが望ましい、浴槽や
シャワーヘッドを洗うときには
菌の拡散を抑えるために
水の中で洗うようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク