いびきは酷くなると、呼吸を止めたりし
睡眠時無呼吸症候群になってしまう
恐れも出てくる、他の疾患のリスクも
この影響で高まってしまう。

 

従来、酷いいびきをしていると
CPAPという、呼吸を補助する器具を
つけるのですが、なんと今回は
その機械をつけず、ある部分を切除して
治療をするという先生がいます。

 

銀座コレージュ耳鼻咽喉科の都筑俊寛先生は
なんとのどちんこを切除して
いびきを解消していくという
『軟口蓋形成術』
どんなやり方なのでしょうか?

 

軟口蓋形成術について

いびきの原因と言われている
のどちんことその周りを取り除き
気道を広げる手術。

 

喉を局所麻酔してから、レーザーで
のどちんこを焼き切っていく
日帰り手術が可能です。

 

手術時間は約7分程度と言われているが
のどちんこの大きさで
この辺りは変わってくると思われます
保険適用で自己負担額は4万円と
言われております。

 

しかし、食後2週間ほどは痛みが残るので
食事などには制限がかかるとのこと。

 

参考番組
2018年11月28日放送
スゴ腕の専門外来より

 

 

スポンサードリンク