2018年3月24日放送のジョブチューン
今回は気になる病気のチェック法と
予防に関する特集です
続いては血糖値について

 

 

スポンサードリンク

 

血糖値ってなんだ?

血糖値というのは血液内の
ブドウ糖の濃度
のこと
正常な人の血糖値は
空腹時 80~100㎎/dl
食後 140㎎/dl以内

と言われています。

 

血糖値が常時140以上の場合
高血糖と言われ、糖尿病を患う
リスクが高くなるという。

 

特に血糖値スパイクに注意
空腹時は平常なのに食後には
血糖値が著しくあがるというもの

 

血糖値スパイクが起こると急激に増えた
ブドウ糖によって血管が傷ついてしまう
最悪の場合、脳卒中や心筋梗塞
ガンの原因にもなる可能性があるのです。

 

この血糖値スパイクを患っている人は
全国で1400万人以上いると言われているが
健康診断では見つける事は極めて難しい
平常時の血糖値は正常なためです。

 

更に40代から要注意と言われていて
加齢とともに危険が高まっていきます。

 

銀座泰江内科クリニックの泰江慎太郎先生に
血糖値について話を伺う事に
まずは血糖値スパイクの危険度チェックから。

 

血糖値スパイク危険度チェック

・朝食を食べない
・食べるのが速い
・お腹が出ている
・甘いものをよく食べる
・野菜をあまり食べない
・普段運動をしない
・睡眠時間は6時間以下の日が週3回ある
・家族親族に糖尿病患者がいる

4つ以上当てはまると注意。

 

血糖値スパイクを予防するのは食物繊維とMX-フラクション

糖は小腸で吸収される、食物繊維は
小腸で糖の吸収を緩やかにし
血糖値の急上昇を防ぐ
ことに期待が持てる。

 

1日に20g以上摂取する必要がある
これ以上摂取している人は約2割
糖尿病の発症リスクが下がると言われている。

 

続いてMX-フラクションについて
この成分は血糖値を抑えるインスリンの
働きを良くしてくれる

 

この2つを同時に得られる食べ物がある
それは何かというと・・・
『マイタケ』

 

MX-フラクションは水に溶けやすい
なのでお味噌汁に入れて食べると良い
特に朝食に摂取をすると
その後の食事で血糖値が上がりにくくなる
1日に約50g食べると良い。

 

他に血糖値スパイクを予防するために
GI値も意識してほしい
糖分が消化吸収されるスピードを指します
55を超える食べ物は要注意

 

その食べ物は、ジャガイモやニンジン
カボチャやさつまいも
パン類、麺類、お餅、白米

これらを食べる量に気をつけましょう。

 

この場合食べる順番を意識しよう
例えば野菜を先に食べて、上記の食材を
食べるようにするなどです。

 

 

スポンサードリンク