2016年6月12日放送のこの差ってなんですか
今回は虫歯になる人となりにくい人の差
どんな差があるのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

重要な差が2つあるという

日本大学の宮崎真至先生の話では
2つの差があるという

 

1 3歳までに家族から
  虫歯菌が移ったかどうか?

お口の中には約500種類の細菌がいて
ミュータンス菌が特に要注意な
細菌でお口の中にある食べ残しを
ミュータンス菌が食べていくと
酸を出していき葉を溶かしていく
これが虫歯のメカニズム。

 

生まれたばかりの赤ちゃんには
このミュータンス菌は存在しない

 

感染のきっかけは家族からのキスや
食べ物を大人が口で砕いて
子供に食べさせたりする
ということで感染してしまう。

 

3歳までというのはお口の中の細菌が
3歳までに定着する細菌が
決まってしまうためなんです
新しい細菌は入りづらい。

 

2 よくかんで食事をしているかどうか?
唾液には虫歯菌の増殖を抑える
抗菌作用がある、そして虫歯菌を
唾液によって流されていく。

 

よく噛む人は虫歯が少ない
しかし唾液の分泌量というのは
加齢に伴い低下してきます。

 

その低下をしているかどうかを
調べるチェック項目が5つあります。

 

唾液分泌量の低下チェック

1 柔らかい食べ物が好きか?
柔らかいため唾液が出にくい

 

2 人前で話すことが多いか?
3 口を開けて寝ているか?

口を開けている時間が長いため
蒸発し口の中が乾いてしまう

 

4 花粉症や鼻炎であるか?
鼻づまりの影響で口呼吸となり
唾液が蒸発し口の中が乾いてしまう

 

5 タバコを吸っているか?
ニコチンやタールの影響で
血行が悪くなり唾液の分泌量が落ちる。

 

どれか当てはまったら注意が必要
全部だとまずいです。

 

唾液腺のマッサージで唾液を出そう

頬のあたりを口を閉じて
円を描くように10回
ゆっくりとマッサージする

食事前にマッサージすると
虫歯予防にも繋がります。

 

 

スポンサードリンク