2018年2月27日放送の世界仰天ニュース
太った女性の絶対ダメな減量法の
特集をしていました、一体どういう
減量法がだめなのか?

 

 

スポンサードリンク

 

下剤でダイエットをする事で恐ろしい結末が・・・

今の若い人達はあまり馴染みがないかも
しれませんが、昔カーペンターズという
アメリカで人気のデュオがいて
カレンさんが1983年、拒食症による
心不全で命を落とされている。

 

その死因の1つが、ダイエットのために
毎日大量に服用していたある薬が
関係しているという。

 

それは下剤、使い方を間違えると
命を落としてしまうこともあるのです。

 

1988年イギリス、16歳のルースさんは
体重が95kg、そんな時
ダイエット目的で強い下剤を
飲み始めました。

 

翌朝、お腹に感じたことのない痛みが
そして快便で薬の効き目は絶大
そして痩せていきました。

 

ところがしばらくすると
腹痛の波が弱くなっていき
毎日出ていた便も出なくなっていった。

 

ならばと下剤を少し多めに飲みました
すると便が出ました、下剤は服用する事で
大腸に刺激を与えぜん動運動を促す

 

この時ルースさんの大腸は下剤の
作用に慣れたため刺激に鈍感に
なっていた
のです。

 

数週間後、薬の量を増やせばいいと思い
そういう生活を続けていき
18歳になる頃には1日になんと20錠
下剤を1回で服用するようになっていた。

 

こんな生活を2年続けた結果
95kgから20kgの減量に成功したが
その2年後、再び元の体重に戻った。

 

そしてまた下剤の量を増やし26歳で
70kgにまで減量に成功
これを繰り返し続けて下剤を
飲み始めてから17年、ルースさんは
未だ下剤を飲み続けていた。

 

この時の1日の下剤の量は90錠
そして様々な体調不良が・・・
1日の殆どをソファーで過ごす

 

下剤を飲むと腸内の水分が引き寄せられ
便と一緒に排出される
しかし飲みすぎると水分も大量に
排出される、そのため慢性的な
脱水症状を引き起こしていた

 

ルースさんには倦怠感やめまいが
常に起こっている状態、更に水分と
一緒に体内のミネラルも排出されて
不整脈、低血圧、骨粗しょう症
引き起こしていました。

 

これだけの下剤を服用した結末として
彼女の大腸は殆ど機能して
いなかったそうです。

 

心も体も限界でした
そして病院に助けを求めた
治療を開始してから12年が経過したが
大腸はもとに戻ることはないとのこと
下剤を使用したダイエットは
非常に危険なので、気をつけたいですね。

 

 

スポンサードリンク