2018年6月12日放送の世界仰天ニュース
今回は命を奪う危険な生物SP
続いては狂犬病について

 

 

スポンサードリンク

 

アライグマが狂犬病の原因?

2011年アメリカ・ノースカロライナ州
ある男性が感染症で命を落とした
釣りから帰ってきた直後、嘔吐や腹痛
嚥下障害を起こして入院

 

釣った魚が原因だと推測、しかしその後
容体はどんどん悪化し脳炎を発症し
亡くなってしまいました
脳炎の原因は不明・・・

 

そして男性は、死後臓器移植をするという
意思表示をしていましたので
臓器提供をする事に。

 

そして1年半後・・・
男性の本当の死因がわかったのです
それは・・・
『狂犬病』

 

狂犬病とは?

人を含めたすべての哺乳類が感染する
ウイルス性の伝染病です
菌をもった犬などに噛まれ引っかかれ感染する

 

傷口から入った狂犬病ウイルスが
血液から進み、高熱や臓器障害を起こしながら
最終的に脳に到達し脳炎を起こし
発症したら100%死に至る。

 

男性は7か月前にある動物に噛まれていた
その動物というのが・・・
『アライグマ』

 

アライグマを捕獲した檻を運ぶときに
アライグマに噛まれてしまったのです

 

この時アライグマがまさか狂犬病ウイルスを
持っているとは想像もしていなかった
他にも、猫やリス、サル、コウモリなどに
噛まれても感染することがあるという。

 

そしてもっと重大な事件が男性の
狂犬病によって引き起こされていた!

 

狂犬病で亡くなったある男性の悲劇

500kmほど離れたメリーランド州で
ある男性に異変が・・・
数日間続く発熱、水を飲もうとするが
喉が痛くて水が飲みこめない

 

部屋の空気を入れ替える際、風があたると
体が震え水の音にも反応してしまった
ついには幻覚を見るようにもなった。

 

病院で検査を受けると狂犬病に
感染している事が判明した
しかし・・・
家では動物も飼っていないし
どこかで噛まれた
という事もなかった。

 

残念ながら男性は亡くなった・・・
なぜ動物との接触がないのに狂犬病に?
実はこの男性、臓器移植を受けていた

 

1年半前に腎臓移植を受けていたのです
その臓器提供者こそが
アライグマに噛まれて狂犬病を
発症し命を落とした男性のものだった!

 

つまり臓器移植によって感染したのです
通常臓器移植をする際には
臓器移植コーディネート団体が病歴を調査
狂犬病は通常3ヶ月以内に発症されると
言われているのですが、アライグマに
噛まれた男性の場合、7ヶ月以上経って
発症していたので誰も狂犬病を疑わなかった

 

移植と狂犬病の関係ですが
1990年代位までは角膜移植で
起こることが多かった
そうです。

 

角膜というのは神経のかたまりで
狂犬病ウイルスは神経に感染しやすい
なのでウイルスを移植するような形になる。

 

臓器移植の際ウイルス性肝炎やHIVなどの
感染症はチェックするのだが
狂犬病検査は専門機関でないと調べられず
また検査に時間もかかるためほとんど
行われないといいます。

 

アライグマに噛まれて亡くなった男性は
腎臓の他にも、3名の人に臓器提供を
既に行っていた、すぐに3人を割り出した

 

幸い狂犬病を発症していなかったので
直ちに狂犬病ワクチンを接種
事なきを得たのです。

 

日本では1958年以降狂犬病の報告は
ないと言われています。

 

 

スポンサードリンク