2018年1月16日放送の今でしょ講座
続いては風邪は治っても咳だけが続く
この原因についての特集です。

 

 

スポンサードリンク

 

風邪は治っても咳だけが続く、原因は花粉?

こんな経験をした人は相当数いて
町で100人に話を聞くと
なんと74名もの人が経験ありだった。

 

あまり気にしていない人も多いのですが
甘く見てはいけません
池袋大谷クリニックの大谷義夫先生の
話ではひどくなると呼吸困難を起こし
命に関わることもあるといいます。

 

実際の症例を紹介、冬の時期に女性を
襲った止まらない咳に関する事です。

 

女性は止まらない咳に悩み病院へ
すると季節性の風邪と診断された
しかし何日たっても咳が止まらない。

 

改めて詳しく調べると
意外な原因が明らかに・・・
それは花粉だったのです。

 

花粉症というイメージは春や秋
しかし冬にも花粉は飛んでいるのです。

 

年々患者数は増えていて、特に高齢者の
花粉症が増加しているという。

 

花粉と言えば春のスギ花粉のイメージが
強いですが、ある日ハンノキという
木から花粉が出ているか調べると
やはり花粉は出ていたのです。

 

冬の花粉は春より危険!?

冬は厚着をするので花粉がつきやすい
厚着をすることで服の面積が
大きく花粉がつきやすいのです

 

なので家に入る前は、玄関の前で
服の花粉を落とすようにしましょう。

 

更に冬の花粉は粒子が小さいために
肺に入りやすい、詳しい話は
順天堂大学の髙橋和久先生に
話を伺うことに。

 

冬に花粉を出す木は主に2つ
・ブタクサ 
9月から12月まで花粉が飛散
・ハンノキ
1月から5月まで花粉が飛散

 

春や秋の花粉との違いは
花粉の量自体は春や秋よりも少ないが
花粉の大きさが違う、先程も記したが
粒子がより細かいのです
そのため気管にも入りやすい

 

結果咳が出てしまい辛い思いをしてしまう
ブタクサやハンノキの近くを
歩く時はマスクを付けることが重要です。

 

 

スポンサードリンク