2018年1月16日放送の今でしょ講座
今回はインフルエンザの特集で
正しいマスクの付け方と手洗い法の
やり方を紹介していました。

 

 

スポンサードリンク

 

H3N2インフルエンザに対抗するマスクの付け方

普通にマスクを付けてもウイルスを
完全にブロックするのは難しい
しかしマスクを正しくつけていれば
インフルエンザウイルスの遮断効果を
アップさせることが出来る。

 

最近のマスクは鼻の部分に金具があり
鼻筋に密着させるように出来ている
この部分を折り曲げてフィットさせる
という事をするだけでも
ウイルスの遮断効果はアップする。

 

最近では最新のマスクも登場している
その名も、シナモンマスク。

 

マスクのサイド部分にシナモン入りの
ガーゼのようなものを入れる
ポケットがあり、ここに入れることで
シナモンの成分がウイルスの
増殖を抑える効果が期待できる

言われております。

 

H3N2インフルエンザに対抗する手洗い

ウイルスに感染しないため
手を洗うというのはもはや常識と
なってきています、この手の洗い方次第で
手の平のウイルスが100分の1にまで
減少させることが可能
だというのです。

 

その方法は簡単なもので
「10秒のもみ洗い×15秒のすすぎを2セット」
やるだけでいいのです
2度洗ったほうがウイルスは落ちやすい。

 

 

スポンサードリンク