2018年9月11日放送の世界仰天ニュースで
パンダに触れてある病を発症した特集
一体なんの病なのか?

 

 

スポンサードリンク

 

世界で有名な方達もこの病を患っている

・アヴリル ラヴィーン
・ジョージ W ブッシュ
・ベン ステイラー
・ケリー オズボーン
・デビー ギブソン

彼らも今回の病を患っている。

 

イギリスに住む1人の少女も
パンダが原因で感染
2010年イギリス16歳の女性が
頭痛に襲われた。

 

将来を嘱望された水泳選手で
12歳から頭角を現してきていた。

 

少し休めば治るだろうと思ったら
喉の痛みが出て病院へ行くと
抗生物質などを処方され
一時良くなったが、その後再発し
頭痛もひどくなるばかり・・・

 

その後関節も燃える様に痛みだしたが
原因はわからない・・・
考えつくされる検査も全て受けたが
それでも異常はなし。

 

そして生きがいだった水泳をやめました
その後は頭痛と疲労感や吐き気を伴い
体重は3年で18㎏減少。

 

そして再び病院へ行き特殊な血液検査を
受けると病名がやっとわかったのです
『ライム病』

 

ライム病とは?

ボレリア属細菌による感染症
女性の体内からこの細菌が見つかった
という事は以前ボレリア属細菌が
侵入した証拠でもある。

 

一般的な血液検査ではわからない
初期症状はインフルエンザと似ていて
しかし気付かぬうちに神経や臓器に
悪影響を及ぼしていく

 

治療法は抗菌薬の投与
治療が遅れると敗血症や脳炎で
死に至る事もある。

 

ボレリア属細菌の感染源は?

感染源の特定をするのですが
女性は動物を飼っていないが
動物がすごく好きでもない。

 

しかし最後に接触した動物は覚えていた
それはパンダ、しかしパンダに
噛まれたりしたわけでもなく
直接的原因でもない。

 

ボレリア属細菌に感染した直接の原因は
『マダニ』
(マダニ全てがボレリア属細菌を
持っているわけではありません)

 

女性がパンダに触れた際に
たまたまボレリア属細菌を持つ
マダニが付着していて
それに噛まれたと考えられる。

 

しかし噛まれたのなら痛みが
でるのでは?と思うでしょうが
マダニは吸血する際に
麻酔のような成分を出し
かゆみや痛みを感じづらくさせるのです。

 

女性はその後、定期的に病院へ行き
治療を受けているそうです
恐らく完治はしていないものと
思われます。

 

 

スポンサードリンク