2018年1月9日放送のあさイチ
今回は肌荒れ解消大作戦という特集
手のケアや足のケア、ツルツルなお肌を
手に入れる為の方法とは?
続いてはかかとの肌荒れについて。

 

 

スポンサードリンク

 

冬になるとなぜかかとはガサガサに?

主な原因は2つあります
1 過度な刺激
2 乾燥

 

まずかかとへの刺激
その大きな原因として考えられるのが
かかとと靴の擦れ、です。

 

かかとにフィットしていないために
擦れたりしますよね、なので
フィットする靴を履く必要があります。

 

東京にある靴専門店の従業員さんの話では
まず靴選びの基本は、かかとを最初にみる
それくらい重要なポイントです。

 

日本人は足の横幅が広いという
人がすごく多いのですが
それに合わせてかかとも作られているため
かかとが靴から脱げやすい
というお客様の声が多いそうです。

 

しかし自分にフィットする靴を購入する
というのは少々値段も張ります
そこで今ある靴でなんとかならないか?
という場合、かかとインソールがおススメ。

 

かかとの後ろの部分にインソールを仕込み
脱げにくくするもの等がある
すると脱げにくくなるのでお勧め
そして足を固定するストラップタイプの
靴もおすすめです。

 

続いて乾燥について
乾燥対策について教えてくれるのが
パーツモデルの金子エミさん

 

週に1回、たった10分で出来るかかとの
スペシャルケアがあると言います。

 

金子エミさん流、かかとのスペシャルケア

用意するものがあります
・化粧水
・ぬるめのお湯
・フェルトタイプのキッチンペーパー

この3つを用意してください。

 

大事なポイントとして、惜しみなく
使うという事が大切

 

まず化粧水を70ml、お湯も70ml
容器に入れて、キッチンペーパーを浸して
軽く絞ったら、足にきっちり巻き付ける

 

この後のひと手間が重要なんです!
キッチンペーパーを巻いた足の上から
アルミホイルを巻き付けるのです。

 

これでしっかり保湿が出来るようです
もう一つの利点があり
東京医科歯科大学の高山かおる先生の話では
アルミホイルで足を巻くと保湿の他に
保温性も少しあると考えられるので
保温することによって、冬場の足の
カサカサとする症状を改善する効果に
期待が持てるようです。

 

そして待つこと5分、アルミホイルと
キッチンペーパーをとってクリームを
かかとへ塗りこんでいく。

 

最後にクリームの浸透度を高めるため
かかとをカバーしたら終了
かかとの部分だけカバーする靴下
みたいなのを履いてましたね。

 

外出時も乾燥対策

金子さんは化粧水とお財布、スマホ
この3つは絶対持っていると言います。

 

化粧水はこまめに保湿できるように
手が乾燥していたりすると
惜しみなく化粧水を使用するそうです。

 

帰宅後もはだしは厳禁だそうです
なので上記のスペシャルケアをしている
という事ですね、お財布とスマホは
関係あるのかと思ったら
全く関係ありませんでした!

 

ガサガサかかとの原因には新陳代謝の衰えも関係?

そこで足の新陳代謝を高める
足の簡単なエクササイズを紹介
教えてくれたのは、理学療法士の
金森慎吾さん。

 

まず椅子に座ります
ここでテニスボールを使います
(テニスボール・・なかなか家にないですよね(笑))
それを足裏に置いて、指の付け根から
かかとまでボールを前後に動かす
テニスボールを踏む強さは足の裏が
痛気持ちいい位の強さで良い
これを片足1分程度行います

 

代用も出来ます、ゴルフボールやスチール缶
茶筒でも良いです。

 

続いてはふくらはぎのエクササイズ
ふくらはぎの下の部分、足首の辺りを掴む
親指で痛気持ちいい位の強さで
ふくらはぎをグーッと押していく
押したらつま先を上下にゆっくり動かす

これを5回行います。

 

5回終了したら、足を掴んでいたポイントを
ちょっと上にあげて、先ほどと同じように
痛気持ちいい位に親指で押してつま先を
5回上下します、そして手を徐々に上げて
合計5か所ほど同じことを繰り返す。

 

ふくらはぎを5等分にして考えて行うと
スムーズにこのエクササイズは出来そうですね。

 

金森さんの話では、毎日行う事で
血行が良くなっていき、1ヶ月後には
筋肉も柔らかくなり、段々と
血行の良い状態を保つことが
出来るようになると話していました。

 

 

スポンサードリンク