2018年2月27日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
今回は血管を老けさせない手の
ある力に注目、それは一体どこなのか?

 

 

スポンサードリンク

 

ある筋肉を鍛えると血管の若返りに期待?

自分の手のひらが上になる様にし
腕を伸ばし、5秒間しっかり握ります
手を開くと手の色が白から赤に
変化しませんでしたか?
たったこれだけの事で身体のある部分の
老化が食い止められ若々しさを
取り戻せる可能性があるというのです。

 

今年は非常に寒い日々が多かった
様に思います、そんな時に注意
したいのが血管の破裂なのです
動脈硬化を患っているとそのリスクは
高くなってしまう。

 

このような老朽化した血管を
しなやかな血管に戻す方法はないのか?

 

ランセットに掲載された新事実がある
血管の老化にある部分の筋肉が
関係していると言います。

 

つまりある部分の筋肉を鍛えれば
血管の若返りの可能性があると
考えられる、そこである検証をする事に。

 

瓶のふたをすぐに開けられますか?

検証に協力してくれたのは
60代から70代の男女17名
あることをやってもらいます
それはなにかというと
『固く閉じられた瓶のふたを開けられるか?』

 

ここでチェックしていた筋肉というのは
もうお分かりかと思いますが
『握力』
血管の老化と関係してる筋肉は握力なんです。

 

興味深い結果として、瓶のふたを
開けられた人は血管年齢は実年齢より
若かったのですが、開けられなかった人は
血管年齢が実年齢よりも老けていた。

 

またふたを開けるのに時間がかかった人も
血管年齢が実年齢よりも老けていた
という結果も出ました。

 

更にぞうきん絞りテストも行われた
水をたっぷり含ませたぞうきんを
どの位水を絞り出せるか?

 

これもたっぷりと水がしぼれた人は
血管年齢が若い人だった
余り絞れなかった人は血管年齢が
老けていました。

 

どうして握力が血管の老化と関係するの?

東京都健康長寿医療センター
原田和昌先生の話では
握力を維持できていない人は
心血管疾患での死亡リスクが
高いと言われています

 

反対に、握力を維持できている人は
心血管疾患での死亡リスクが低く
血管年齢も若い。

 

握力を維持できている人の血管が
若々しいという理由も徐々にでは
あるがわかってきている
そこにはある共通点があるという。

 

それは何かというと
なぜ男性よりも女性の方が
血管年齢が若い人が多かったのか?
そこでこんなデータに注目

 

握力の年代別平均値
男女とも加齢で落ちていくのですが
落ち幅に大きな違いがあった

 

男性は30代から70代までで平均
11.1㎏低下しているのに対し
女性は40代から70代までで
5.7㎏しか低下していなかったのです

これが血管年齢と大きく関係していると
いう事がわかってきたのです。

 

男性と女性では普段どれくらい
握力を使う回数に違いはあるのか?

 

そこで検証に協力してくれたご夫婦に
握力を使う回数を調べる為に
筋電計をつけてもらい、ぎゅっと
握った回数をカウントしていきます。

 

すると奥さんは、朝食準備だけで
100回を迫る勢いで
カウントされていきました

 

旦那さんも準備のお手伝いをしていたが
握力を使った回数は9回で止まった。

 

食事中は握力をほとんど使わなかった
皿洗いを始めた奥さんは、そこから
たくさん握力を使っていました。

 

その後も夫婦で握力を使用する
回数に段々と開きが出てきました

 

ご主人はなかなか握力を使う機会が
少なくて、奥さんはとにかく
握力を使っています。

 

1日の握力を使った回数
奥さん 1913回 
ご主人 83回

とんでもない開きになりましたね。

 

これが女性が男性より血管が若く
保たれている理由になるのか?
原田先生の話では、家事程度の握力を
使うだけでも毎日行う事で
握力は維持できる
という。

 

どうして毎日家事程度の握力を
使う事で血管年齢が若いのか?
最近分かってきたことで
このように毎日動かすと
NO(一酸化窒素)という血管やわらか物質が
出ているため
です

 

NOは血管内皮から分泌し血管壁に作用し
柔らかい血管に保ってくれる
という。

 

冒頭のぎゅっと握って5秒キープしたあと
白から赤く変色した時にこそ
NOが血管内皮から大量に分泌
されていると考えられるのです。

 

簡単にできる血管若返り法、NO分泌ボール入浴法のやり方

お風呂に浸かると熱で血管が拡張し
その刺激でNOが分泌される

 

NO分泌入浴法の
ビニール製のボールを2つ用意

 

お風呂で身体を温めながら両手で
ボールを握るだけ、お風呂の熱で血管が拡張し
血流が増えている状態で握力を使えば
血管の内壁は更なる刺激が伝わり
NOが大量分泌する可能性がある
という。

 

お風呂以外でもボールを握ることで
NOが分泌されて、血管若返りに期待が
持てると言います。

 

先程握力の回数を検証したご夫婦に
NO分泌ボール入浴法をやってもらう事に
ご主人は血管年齢が実年齢よりも6歳
老けている、奥さんは血管年齢は
実年齢よりも若いが更なる血管年齢若返りに
期待を寄せてやることに。

 

1週間の検証終了、血管年齢に変化は
見られるのでしょうか?

 

ご主人から、ぞうきん絞りテストを行いました
前回は220mlだったが、今回は260mlにアップ
奥さんは前回290mlでした。

 

ご主人、続いては血管年齢を調べます
血管年齢は70歳でしたが、55歳に若返りました!
奥さんは血管年齢59歳でしたが58歳
1歳若返りましたね。

 

最後にNO分泌量を調べると
検証前よりも大幅にNOが分泌された
という事がわかりました。

 

 

スポンサードリンク