2018年6月12日放送のたけしの家庭の医学
今回は腰痛やひざ痛、不眠症
免疫力アップについての特集です
最後は不眠を解消する科。

 

 

スポンサードリンク

 

60代では6人に1人が不眠に悩む

十分な睡眠がとれていないと
心臓病などによって命を落とす
危険性が2.4倍高くなり
がん細胞がよく眠れている人の
2倍近く増殖するという。

 

久留米大学病院の内村直尚先生
中高年に不眠で悩む人が多い理由は
40代から増えてきて、人間関係
家庭の中、様々なストレスが
関係している
と話します。

 

その不眠を解決する方法に
紙とペンを使うだけで良い
『筆記表現法』
という睡眠改善法があります。

 

筆記表現法というのは
ストレス感じた出来事やその時の
感情を紙に書き出すというもの。

 

イギリスのオックスフォード大学で
行われた研究では、不眠に悩む14名の人に
3日間筆記表現法を行ってもらった。

 

すると眠りに入るまでの時間が検証前は
40分だったのに対し、検証後は14分と
半分以下にまで寝つきがよくなった
という結果が出たのです。

 

自律神経のバランスを整える事が出来て
不眠が改善し睡眠の質が高まってきて
よく眠れるようになっていく
そうです。

 

筆記表現法で中高年の不眠に変化は?

64歳の女性、夜中に目が覚める
いわゆる中途覚醒に悩まされている。

 

何度も目が覚めるそうでこれでは
昼間に眠くなるのも仕方ないですね。

 

筆記表現法をやってみることに
寝る前にストレスを感じた出来事や
感情について15分程度書く
じっくり時間をかけて書くことが
大切
だといいます
書き終えたら破ったり
捨ててもいいそうです。

 

女性の場合ストレスの原因は旦那さん
最初は優しいと思って結婚を
したようですが・・・時が経つと
色々な事が見えてきて
やはり変わってしまうものですね(笑)

 

筆記表現法をし、一度は目が覚めたが
その後すぐに入眠できてぐっすりと
眠れたそうです、不眠に悩んでいる人は
参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサードリンク