間食は身体によいという
にわかには信じ難い特集です
100歩譲って信じるとして
この時に食べる食品は何かが
気になりませんか?

 

 

スポンサードリンク

 

間食が体に良いワケ

姫野先生が話していましたが
イギリスの研究で40代の男女を対象とし
食事の回数と肥満度の関係性を解析
1日の食事回数が6回以上の人は
4回未満の人に比べると
総カロリーが14%も低かったという

 

間食をする事で空腹感をあまり
感じなくなるので、きちんとした
食事の摂取量が少なくなる。
また、肥満度も6%低いというデータも。

 

現代は夕食の時間が遅くなっているといい
午後9時以降に食べている人
30代~40代だと3割もいるという

 

これは昼食を12時に摂っているとして
考えると、時間が結構空きます
そこで遅い夕食、早食いを行う事で
肥満を招くといわれ、もうひとつ
時計遺伝子(BMAL1)という遺伝子があり
これは身体に脂肪をつけやすくする
午後9時~午前2時頃にかけて増加する。

 

そこで気になるのが
『間食にたべる食品』
だと思うんです、次項に記します。

 

何を食べたらよろしいの?

・枝豆
ビタミンCは美肌効果を
メチオニンは脂肪燃焼を助ける
この2つの栄養素が豊富なのです

 

他にもサポニンという中性脂肪を
排出させてくれる成分が含まれる。

 

大豆コングリシニンも含まれている
これは長寿ホルモンを増やすと
言われている。

 

この枝豆を使った料理を1品紹介。

 

枝豆のクリームチーズディップのレシピ

クリームチーズ40gを
ヘラで滑らかにし
むいた枝豆100gを加えて混ぜ
混ざったらハチミツ適量を
かけると完成
クラッカーにのせて食べよう。

 

・いちご大福(和菓子部門)
間食には日頃不足しがちな栄養素を
食べる事が望ましい
イチゴ大福がおすすめなのは
普通の大福よりもあんこが少ない
あんこは小豆から作られているため
ポリフェノールや食物繊維が豊富
イチゴも同様です。

 

・プリン(洋菓子部門)
牛乳と卵が入っているため
タンパク質摂取に望ましい
おまけに糖質も低い
たまにシュークリームも活用してよい
南雲先生の一押しはミックスナッツです。

 

2018年11月8日放送の
主治医が見つかる診療所より

 

 

スポンサードリンク