食事をしたら誰でも上がる血糖値
この血糖値の上がり方が緩やかであれば
問題はないのですが、急激に上がると
様々な疾患のリスクとなる。
 
しかし、ある色の食べ物を摂取すると
血糖値の上がり方を緩やかに
してくれるといいます。
 
何色なのか?
という答えはこれから下の記事に
掲載しています、そしてワケも
記していますので是非ご参考に。

 

これだけは見て!簡単まとめ

1 紫色の食材は血糖値上昇を緩やかに
2 ブルーベリーは特にアントシアニン豊富
3 ブルーベリーは食べる2時間前に摂取

 
詳しい内容は下記へ
もういいよ、って場合はまたいつか。
 

紫色の食材が血糖値上昇を緩やかにするワケ

紫キャベツや玉ねぎ、ブルーベリー
しそ、なす、紫いもなど
紫色の食材って結構ありますよね。
 
これがどうして血糖値上昇を緩やかに
してくれるのかというと、ポイントは
『アントシアニン』
 
目に必要な栄養素
というイメージがありますが
アントシアニンと血糖値の関係
つまり血糖値上昇を緩やかにするという
論文は世界中にあるといわれています。
 

スポンサーリンク

特にブルーベリーはアントシアニン豊富

今が旬のブルーベリーには
血糖値上昇を緩やかにする
アントシアニンの含有量が豊富。
 
お鍋にブルーベリーを入れて10分煮込む
お水や砂糖は不要
ブルーベリー果汁が濃縮されて
アントシアニンが摂取できる。
 
また食事の2時間ほど前に摂取すると良い
アントシアニンの血中濃度が
1時間後から3時間後に最大値になる
そしてインスリンの働きが高まり
効率的に血糖を減らしてくれる。
 
ですが!
生で食べる事が望ましいといわれる紫色の食材
ブルーベリーはなんとか食べられる
かもしれませんが、その他の食材は
生で食べるのは難しいですよね。
 
そこで!
家庭の医学ではお馴染み奥薗壽子さんが
紫色の食材メニューを考案しました
その情報は別記事にて。
 
参考番組 2019年7月2日放送
たけしの家庭の医学より

スポンサーリンク