2018年8月14日放送のたけしの家庭の医学
今回は4つの特集、高血糖、便秘、血管老化
足の痺れ、1つずつ記していきます
最初は高血糖を防ぐ科について。

 

 

スポンサードリンク

 

高血糖が万病の元のワケ

高血糖状態になってしまうと
血液の流れが悪くなってしまって
血管の中で血液が大渋滞を起こす
こうなると血液が詰まりやすくなり
心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まる。

 

健康長寿を望むには
高血糖を防ぐことが最重要課題の1つ

 

巷でよく言われている事といえば
『糖分の吸収を緩やかにしてくれる
食物繊維を積極的に摂る』

 

はたまたジョギングや筋トレなどの運動に
精を出す、ということなのですが
しかし今回はこれまでと違う方法で
高血糖の予防や改善の情報が見つかった。

 

旭川医科大学病院の太田嗣人先生の話では
ある食べ物の成分がインスリンの
分泌を高めて血糖値を下げてくれる
効果があるという事がわかったという。

 

インスリンは体内で唯一血糖値を下げる
働きがあるホルモンです
4年前に欧州糖尿病学会の研究によると
普段血糖値が高い人たちにある成分を
摂取してもらうと、インスリンの分泌量が
摂取前に比べて倍近くまで増加し
高かった血糖値も28%低下したという。

 

その成分の名はWhey(ホエイ)その力とは?

ホエイには様々な栄養素が含まれている
炭水化物・タンパク質・ビタミンB C
リン・鉄・亜鉛・胴・ナトリウム
カリウム・マグネシウム・カルシウム

もう完全食と言っても過言ではないですね

 

血糖値を抑える栄養素はなにか?
それはタンパク質、ホエイのたんぱく
というのは乳清たんぱくと呼ばれ
いわゆる必須アミノ酸という食物からしか
摂れないアミノ酸がバランスよく
豊富に含まれている。

 

この乳清たんぱくが小腸を刺激する事で
インスリンの分泌を促すホルモンが増加
それによってインスリンの分泌がよくなり
血糖値の上昇が抑えられる

 

この乳清たんぱくが最も簡単に
摂取出来るのがヨーグルトなのです。

 

ヨーグルトの上にぷかーっと
液体が浮いているのを見た事が
あるかと思います、それこそがホエイです
液体を捨てていた人
もったいない事しましたね(笑)

 

ホエイって食前?食後?どちらで摂ればいいの?

番組で登場した女性は食後高血糖に
なってしまいます、食後高血糖は
加齢でインスリンの分泌が悪くなり
起こりやすくなるといわれ
動脈硬化のリスクも高まる。

 

女性はヨーグルトは週に1~2回食後に
100g程度食べている、血糖値の変動は
少しではあるが上昇が緩やかになり
基準値に達したところで下降していきました

 

では食前にヨーグルトを食べると
どうなるのか?
ヨーグルトを食前に食べ
それから朝食を摂ってからの血糖値の
上昇は緩やかとなり基準値に達しないまま
下降していった
のです。

 

食前にヨーグルトを食べると問題が
1つだけあります、それは乳酸菌の問題

 

胃酸の影響でやられてしまいますので
この点はどうするか?という事も
少し考える必要があるかもしれませんが
食後にヨーグルトを食べても
上昇の度合いは抑えられているので
乳酸菌の事をあまり気にしないなら食前
少し意識をするなら食後

という風に自分で工夫をしながら
食べるのも良いかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク