2018年5月1日放送の
世界仰天ニュース
今回は日本の若者がキケン!
命を奪う食べ物についての特集。

 

 

スポンサードリンク

 

時に命を落とす事もあるA型肝炎

20代の男性、体のだるさが1週間も
続いて病院へ、医師に肝機能の低下を
指摘され海外へ行ったか?
患者に質問をすると1か月前に
東南アジアへ渡航していたそうです。

 

東南アジアへの渡航歴があったこと
そして血液検査で肝臓の異常値があった
医師はあるウイルス感染を疑った
『A型肝炎』

 

感染をすると2~7週間の潜伏期間を経て
肝炎を起こします、発熱やだるさ
風邪のような症状が現れる事が多い

 

その感染源というのは、旅先で
口にした水や生野菜など
からで
あることが多い。

 

なにより辛いのがA型肝炎の場合
体内のウイルスを失くす薬や治療法は
特にない
のです。

 

肝臓に負担をかけないよう
安静が第一なのです
この患者は1週間で退院した。

 

しかし医師の話では時に
命に関わることもあるという。

 

アメリカで実際に起きた事件がある
それは2003年のこと
メキシコ料理店でランチを
楽しんでいた老夫婦。

 

しかし3週間後、夫が高熱で倒れた
そして顔には黄疸が現れていて
数日たつと更に異変が・・・

 

奥さんが声をかけても反応しない
という状態になっていた
これは劇症肝炎と呼ばれる症状。

 

肝炎を発症してから短い期間で
高度の肝機能障害を起こし
肝性脳症と呼ばれる意識障害を
起こした状態です。

 

こうなるとおよそ半数が命を落とす
肝臓のダメージが深刻で
一刻も早く移植が必要な状態と
医師は話していました。

 

なぜ感染したのか?その原因は・・・

実は2週間ほど前から同じような症状の
患者が増えていたのです。

 

調べるとみんなA型肝炎を発症していた
そこでCDC(アメリカ疫学予防センター)が
調査を開始。

 

そこでわかったことは、患者の殆どが
同じ場所で食事をしていた事

 

しかし倒れていた人が食べていた
モノの中に共通した食材がない
一体何が・・・・

 

従業員からもウイルスが見つからない
調査は難航していました
そして3週間後
再び話を聞いていたらある食材が
浮かび上がってきたのです。

 

それは注文をしなくても料理に
必ず添えられるものでした
なので患者は注文をしたという
意識が全然なかった
のです。

 

そのほとんどの人が食べていたのが
『サルサ』
この店ではメキシコ産のワケギを
刻んで入れていた
このワケギからA型肝炎ウイルスが
発見された
のです。

 

感染者合計660人、死者4名を出す
大惨事となりました
レストラン会社はアメリカ国内
全てから撤退し患者への賠償金を
支払っているそうです。

 

先述した老夫婦の夫は
奇跡的に肝臓の適合患者が
見つかったので移植し一命をとりとめた

 

しかしその後
夫は多くの薬の服用が欠かせず
風邪を引いただけでも
命に関わることがあるのです。

 

若者が危険というのは、日本では50歳以下の
殆どの人がA型肝炎の抗体を
持っていないため
です
なので大感染のおそれもある。

 

 

スポンサードリンク