寒い時期に肌の乾燥やかゆみというのは
出てくるものです、ただの乾燥肌で
一時的なものならよしとしても
アトピー性皮膚炎などの病気だと
非常につらい状態に陥ります。

 

今回はこれらの皮膚の病気の最新治療を
記していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

アトピー性皮膚炎の最新治療 デュピルマブ

40代の男性、20年前にアトピー性皮膚炎を
発症しました、体中に症状が出るので
顔に出た場合には外出を控えないと
いけなくなったりしたそうです。

 

また、50代の男性も幼少期から
アトピー性皮膚炎を患い
寝ている時にかいたり
睡眠不足になり困っている。

 

国内の患者数は推計数百万人
命を脅かす病気ではありませんが
生活の質や見た目など、社会的に
影響を与える病気ではあります。

 

アトピー性皮膚炎は、乾燥で皮膚の
バリア機能が低下して起こる
バリア機能が低下した皮膚にほこりや
ダニが入ってくると、免疫細胞が働き
強いかゆみや炎症を引き起こす
過労やストレスなどが症状を悪化させる。

 

ステロイドを使った治療が主流で
免疫を抑制しかゆみや炎症を改善する
しかし2割の患者に効果なし。

 

そんな中、10年ぶりに新しい治療薬が登場
『デュピルマブ』
という薬です。

 

2週間に1度注射をしていくのですが
どうやって作用するのか?
アトピー性皮膚炎になると免疫細胞から
かゆみと炎症を引き起こす
タンパク質が出てくるのですが
デュピルマブは、このたんぱく質の働きを
抑制してくれる
のです
副作用はほとんどなし
治療費は2万5千円、保険適用です
京都大学医学部附属病院で行われている。

 

乾癬の最新治療 紫外線治療

アトピー性皮膚炎に近づくくらい
現在増えている皮膚の病気が乾癬
皮膚が炎症を起こし表面が
かさぶたの様になる病気です。

 

患者数は50万人、免疫細胞が
ストレスなどで突然活性化し皮膚を攻撃
それを修復するために皮膚が重なり
うろこのように次々と作られていく。

 

最新の治療としては、1週間に1度
紫外線を出すライトがあるボックスに入る
下着姿で入り、紫外線を2分ほど浴びる

 

紫外線には免疫細胞の活動を抑制する
効果がある、これによって皮膚への症状が
治まってきて症状が改善する
という
効果も高く副作用も少ないとのこと。

 

治療費ですが、保険適用で千円程度
東京逓信病院で行われている。

 

参考番組
2018年11月23日放送
ワールドビジネスサテライト

 

 

スポンサードリンク