2018年6月30日放送のジョブチューン
今回は医者も認めた体にいい薬味SP
薬味は薬としての効能もあるといいます
読んで字のごとく、という感じですね
一体どんな薬味が体に良いのか?

 

 

スポンサードリンク

 

高血圧に効果的な薬味 にんにく

食べる降圧剤とも呼ばれている
『にんにく』

 

日本大学の有賀豊彦先生の話では
にんにくにはアリインという成分が
含まれていて、これが体内で代謝されると
スルフィド・硫化水素に変わります。

 

血管を拡張させて血液の流れを良くし
血圧を下げてくれる事に期待が持てるという
しかも2日1回、1かけ食べるだけで良い
これだと簡単ですよね。

 

でもどうやってにんにくを食べたら・・・
って考えるのは面倒です
なので番組では簡単レシピが紹介された。

 

にんにくとトマトの簡単サラダのレシピ

材料は1人分
にんにく1かけらとトマト1個を
細かく刻んでからボウルに入れて
その上にオリーブオイル適量を
かけたら完成です。

 

リコピンも血圧を下げる作用の
サポートをしてくれて
トマトはおまけに、にんにくの臭いを
消してくれるといいます
パンに乗せて食べるのもアリですよ。

 

血糖値の急上昇を抑える薬味 オクラ

鹿児島県指宿市、ここでは
血糖値の急上昇を抑える薬味が
日本一生産されています。

 

その薬味を生産している人たちは
血糖値の上昇は緩やかでした

 

その薬味というのは
『オクラ』

 

医学博士の中野隆之先生の話では
オクラは食物繊維が豊富
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維
どちらもあり、体内のブドウ糖を
抱き込んでくれる

 

オクラの食物繊維には体内のブドウ糖に
絡みつく働きがあるという
コーティングされた糖類は小腸での
吸収を妨げられてしまい
血糖値の上昇が抑えられる
というもの。

 

食物繊維以外にもネバネバ成分も注目!
こちらも糖を包んでくれるので
小腸での吸収をしにくくする。

 

なので!というのもおかしいですが
そうめんとオクラという食べ合わせは良い
そうめんは炭水化物の塊なので
そのままだと吸収されやすいので
オクラと一緒に食べる事で
そうめんの糖をコーティングして
吸収を抑えてくれる。

 

味噌汁に入れてもオクラは熱に強いので
栄養分がなくならない

 

でも他にどうやってオクラを
食べると良いのか知りたいですよね
なので番組では簡単レシピが紹介された。

 

オクラのお好み焼きのレシピ

材料は4人分
山芋の代わりにオクラを使うのがポイント

 

ちなみにオクラは水に長時間さらすと
水溶性食物繊維が流れ出るので
サッと洗って服だけでOK。

 

オクラ20本、きゃべつ1/4個を
みじん切りにしてからボウルへ入れ
和風だし適量、溶き卵3個を混ぜて
ボウルに加え、薄力粉200gをだまに
ならないように少しずつ加えて
よくかき混ぜて粘りを出します。

 

そしてフライパンに生地を流し込み
その上に豚バラ肉150gを乗せ
両面を焼いたら完成

糖質カットでヘルシーですよ!

 

オクラの豚肉巻きのレシピ

材料は5本分
薄切り豚肉5枚にだまにならないよう
片栗粉適量をかけていき
ヘタを切ったオクラ5本に豚肉を巻く。

 

塩こしょう適量をふりかけ
フライパンで中火で焼き目をつけていく

 

しょうゆ大さじ1、酒大さじ1
みりん小さじ1.5、砂糖小さじ1.5を
混ぜたタレをかけサッと焼いて
和えたら完成です。

 

豚肉にはビタミンB1が含まれていて
糖の代謝を盛んにさせる
夏バテ予防におすすめです!

 

農家さんが教えるオクラの保存方法

しゃきっと復活させる裏ワザです
しんなりとしたオクラを濡れた新聞紙に
くるんで、それをビニール袋に入れ
冷蔵庫に保存をする、次の朝になると
しゃきっとハリが戻っているという。

 

血液をサラサラにする薬味 わさび

その薬味の生産量日本一は長野県
生産者の方々の血液を調べると
よく食べているのか、サラサラでした。

 

その薬味というのは
『わさび』

 

東海学園大学の西堀すき江先生の話では
わさびには玉ねぎのアリシンと
同等の効果がある
6メチルスルフィニル
ヘキシルイソチオシアネート

という成分がわさびには含まれる。

 

血液にはもともと出血を止める働きがあり
その作用が強いと血栓ができる
しかし、上記のわさびに含まれる成分は
血液が固まるのを緩やかにしてくれる。

 

しかもこれは日本の
わさびにだけ含まれている

1日の摂取量はたったの5gでも良い
本わさび使用と書いている
加工品なら含まれているという。

 

ワサビ農家さんは
・砂糖にワサビを入れる
・から揚げにわさびをつける
・みそにわさびを混ぜる

という感じに食べられていた。

 

わさび丼も食べられていた
作り方もとっても簡単で、温かいご飯を
お椀に入れて、その上に鰹節とわさび5gを乗せ
お好みで醤油をかけて完成
食べる時はよく混ぜて食べましょう。

 

更にアルコールにも合うという
番組では麦焼酎にわさびを入れて
飲んでいた、意外とイケるようです。

 

アルコールを摂取し肝臓で分解されると
アセトアルデヒドが発生しますが
これを減らしてくれる力が
わさびにはあるそうです。

 

わさびの保存方法

わさび全てをすりおろして
ZIPの袋に入れて空気を抜いて
冷凍室に入れる、使う時は折って
適量サイズを取り出しましょう
品質や栄養成分は変わらないとのこと。

 

ひざ痛に効果的な薬味 しょうが

それはなにかというと
『しょうが』
しょうががひざ痛に効果あり?
本当なのかなって思いますよね・・・

 

東海学院大学の守川耕平先生の話では
しょうがには
ジンゲロールとショウガオール
というものが含まれていて
この2つの成分が膝痛に効果があると
言われております。

 

ジンゲロールは炎症を起こしている部分に
効いて炎症を抑える
ショウガオールは炎症をしている所は
血行が悪くなっているため
血行を良くして体を温め
ひざの痛みを抑えると言われている。

 

しょうが農家さんはどのようにして
食べているのかというと
新しょうがの酢漬けは、ジンゲロールと
ショウガオ―ルがバランスよく含まれる。

 

仮にしょうがを加熱してしまうと
ショウガオールの量が多くなり
バランスが悪くなるという。

 

また、アルコールと一緒にしょうがを
摂取すると上記2つの成分の吸収が高まる
番組では焼酎に入れていた。

 

新しょうがのサラダのレシピ

材料は2人分
新しょうが80gを千切りにしボウルに入れ
千切りにしたきゅうり1本、ハム2枚
ツナ1缶、コーン30gをボウルに加え
マヨネーズ大さじ1と
塩こしょう適量で和えると完成です。

2つの成分をバランスよく摂取出来る。

 

しょうがの保存方法

しょうがをすりおろしたら
ラップに小分けにして冷凍庫に入れる。
しょうがは1日に20g摂取をして
なるべく生で食べるようにしましょう。

 

血管の老化を防ぐ薬味 青じそ

生産量日本一は愛知県豊橋市
生産者の方たちの血管年齢は
実年齢よりも平均で10.5歳も
若かったのです。

 

その薬味というのは
『青じそ』

 

名古屋大学の才田恵美先生の話では
緑黄色野菜の中でもトップクラスの
栄養素を含んでいる
特にβカロテンが豊富に含まれている。

 

βカロテンは体に入るとビタミンAに変化
活性酸素と闘ってくれるのです。

 

青じそ農家さんは
・青じその天ぷら
・青じそのおにぎり
・青じそプリン

加熱調理をしても栄養素は壊れない
そして血管の老化を防ぐ事以外にも
血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積も
予防する
と言われている
ロスマリン酸というのも含まれている。

 

青じそのチヂミのレシピ

材料は1枚分
水で溶いたチヂミ粉100gに千切りにした
青じそ30枚を入れ、溶き卵1個を
加えて混ぜていく
フライパンにごま油大さじ2を入れ
生地を流しいれ両面焼き色がつくまで
焼いていくと完成となります。

 

βカロテンは油と一緒に摂取すると
吸収率が良いと言われているので
理に適った食べ方だそうです。

 

青じそプリンのレシピ

材料は10個分
青じそ10枚と水340ccを
ミキサーにかけソースを作る
牛乳400ccと上白糖40gを鍋に入れ
火にかけ沸騰する前に火を止める

 

粉ゼラチン15gと先程作った
青じそソースを加えて
容器に流し入れ2時間程冷やす

 

鍋にお湯340ccにハチミツ55ccと
粉ゼラチン15gを入れてかき混ぜ
沸騰したらあら熱をとります。

 

2時間経った青じそプリンの上に
あら熱をとったものを流し入れ
再び冷やします。

 

仕上げに生クリーム50ccと青じそソースを
かけたら完成となります。

 

青じその保存方法

水で洗った青じその水けをきり
ビニール袋へ入れる、この時のポイントは
密封せず空気が入る隙間を作る
この保存方法だと1週間~2週間
持つと言われます。

 

骨粗しょう症に効果的な薬味 梅

生産量日本一は和歌山県です
和歌山県と言えばあれですね・・・
『梅』

 

大阪河崎リハビリテーション大学の
中村美砂先生の話では
梅には大量のクエン酸が含まれていて
カルシウムの吸収効率を高めてくれる

 

なのでカルシウムが豊富な食材と
一緒に食べると、カルシウムがより
体内に吸収される

 

骨粗しょう症以外にも効果があり
肥満予防、アンチエイジング
糖尿病予防、血液サラサラ効果

等もあります。

 

梅農家さんはどのように食べているのかというと
・梅肉で味付けしたから揚げ
・梅酢で味付けした焼き鳥

他にも下記の様な食べ方もあります

 

梅グラタンのレシピ

材料は2人分
ベーコン適量と食べやすい大きさに切った
玉ねぎ60g、じゃがいも50g
しめじ50g、カボチャ40g
これらをフライパンで炒めていく。

 

塩分濃度20%程度の梅干しを梅肉にし
梅肉を炒めた具材と絡めたら
ホワイトソース200gを加える

 

食材に火が通るまで炒め
後はチーズ適量を乗せて
オーブンで焼くと完成となります。

 

梅ツナご飯のレシピ

材料は4人分
梅干し3個を、予め研いでおいた
お米4合に水を入れた炊飯器の中へ入れ
ツナ1缶は臭みが出ないようにオイルを
よく絞ってから入れ、適量の
すりおろししょうがも加えて炊くだけ
これで完成となります。

 

梅干しの保存方法

梅干しの塩分の違いで保存方法は
変わるといいます、15%未満は
冷蔵庫で保存する方が望ましい
15%以上だと常温で保存すると良い

 

冷え性に効果的な薬味 みょうが

生産量日本一は高知県須崎市
その薬味とは
『みょうが』

 

高知県立大学の渡邊浩幸先生の話では
みょうがにはαピネンという
成分が含まれていて
血流を良くする効果があり
同時に体温も高まるので
冷え性改善に期待が持て
るという。

 

食欲増進、消化促進の効果もあり
これからの季節夏バテ防止にも役立つ。

 

みょうが農家さんはどう食べているのか?
・かつおのたたきにみょうがを入れる
・みょうがのちらし寿し

渡邊先生一押しの料理が下記

 

みょうがとちりめんじゃこのごま油和えのレシピ

材料は2人分
千切りにしたみょうが3個をボウルに入れ
塩を少々ふりかけ、そこへ
ちりめんじゃこ20gとごま油適量を
加えて混ぜたら完成です。

 

肥満に効果的な薬味 すだち

徳島県が生産量日本一です
その薬味は
『すだち』

 

さとうヘルスクリニックの
佐藤桂子先生の話では
すだちには、リモネンという成分が
含まれ新陳代謝を高め脂肪を燃焼を
助けてくれます。

 

そしてヘスペリジン、エリオシトリン
という成分も含まれていて
これは中性脂肪の減少に役立つ。

 

スダチチンという成分も
脂肪蓄積予防や糖尿病改善にも
役立つと言われている
(しかしマウス実験です)
スダチチンはすだちにしか含まれていない。

 

すだち農家さんは、豆腐にかけたり
味噌汁にかけたり、刺身にかけたり
そうめんにかけたりして食べている。

 

また皮ごと食べているという点も重要で
リモネンやスダチチンというのは
皮にしか含まれていない
という。

 

すだちつくねのレシピ
材料は2人分
すだち2個の皮をすりおろし果汁を絞る
ボウルに鶏ひき肉150g、みじん切りにした
長ネギ1/4本、醤油小さじ1、塩少々
砂糖少々、鶏がら小さじ1/2
卵黄1個分、すだち果汁と皮を入れ混ぜる。

 

混ぜ終えたら片栗粉大さじ1を加えて
フライパンで5分ほど
キツネ色になるまで焼くと完成です。

 

美味しいすだちの見分け方

濃い緑色でつやがある、これが美味しい
黄色のすだちは酸味が低下して
風味もなくなっている。

 

 

スポンサードリンク