風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

ノンストップの食用油の活用術特集をまとめました

Pocket

ノンストップの賢い食用油の活用術をまとめました。
ぜひご覧ください。

 

 

オメガ3脂肪酸、先日の家庭の医学スペシャルでも
紹介されていたエゴマ油、あれもオメガ3脂肪酸が
含まれています。

 

 

特に多いのが先ほどのエゴマ油、そしてアマニ油です。
ごま油と比較すると60倍位の違いが・・・

 

 

オメガ3脂肪酸に期待される効果

・血管が丈夫になる
 脳梗塞や心筋梗塞の予防

 

・血流アップで脳が活性化
 うつ病やアルツハイマー型認知症の予防

 

気を付けたいのは過剰摂取なんですが
適度にバランスよく!というのが前提です。

 

 

食べ物で摂取する方法といえば、青魚なんですが
厚労省が推奨する摂取量が1日1グラム。
それを青魚で置き換えると、サバなら半身位を
毎日食べないといけません、毎日食べると飽きますね・・・

 

 

それがアマニ油やエゴマ油になると、小さじ一杯でいい
という事になります。

 

 

アマニ油やエゴマ油の摂取の仕方は?

小さじ一杯そのまま飲んでもいいんですが、それはちょっと・・・
っていう人も中にはいます。
テレビではレモンの汁を混ぜて食べましたが
さっぱりとした味になるそうです。

 

 

何度もしつこいですが、摂りすぎには注意。

 

 

オメガ3脂肪酸の効果が薄れる調理法は?

下記の3つで効果が薄れる調理法があります。

 

1 納豆など発酵食品にかける
2 ドレッシングと混ぜて使う
3 加熱料理に使う

 

どれが正解かというと・・・3番なんです。

 

 

熱に弱いという性質を持つオメガ3脂肪酸。
熱すると酸化して壊れてしまうため。
なので加熱料理に使いたいという場合は、料理の仕上げや
食べる直前にかける
という事をしたほうがいいです。

 

 

お勧めの食べ方は?

1 卵ごはんにかける
 タンパク質と非常に相性のいいオメガ3脂肪酸。
 体内に吸収しやすくなるので、おすすめ。

 

2 保存は冷蔵庫へ
 開封後は1か月をめどに使い切る、常温保存は
 酸化する可能性があります。

 

加熱に強いオメガ3脂肪酸を含む油、グリーンナッツオイル

通称、インカインチオイルとも言われてます。

ペルーのアマゾン地域で採れる木の実から
精製されたもの、2006年位から日本にも入ってきた油だそうです。
加熱が可能という所が一番いいところじゃないかな。

 

 

スタジオで食べてみると、香りが青いにおいがするようです。
エゴマ油よりもさらっとしていると。
そのままでも食べれる。

 

 

200度以上の揚げ物に使ったりする場合だと
酸化してしまうでしょうけど、炒め物に使う分には
問題ないようです。

 

 

注意!
エゴマ油やアマニ油よりも使い勝手はいい
グリーンナッツオイルですが、気を付けたいのが
摂らなくてもいい成分もグリーンナッツオイルには
含まれているので、これもバランスよく摂取してくださいとのこと。

 

 

最近注目されている最新の油

・アボカドオイル
 特徴はビタミンEがオリーブオイルの約2倍含まれています。
 炒め物に使うのがおススメだそうです。

 

 アボカドオイルで炒めたのと、普通の油で炒めたものと
 スタジオで食べ比べると、味に違いがないとのこと。
 という事は気にしないで食べれますね。

 

・オリーブオイル(最新ではないですね)
 特徴は過剰摂取している油の成分、リノール酸が少ない。

 

 リノール酸は過剰摂取するとオメガ3脂肪酸を
 消し去ってしまう効果があるので過剰に摂りたくないですね。

 

・ココナッツオイル
 主治医が見つかる診療所認知症特集に
 詳しいことは記載していますのでご参考に。

 

 

くれぐれも用途にあわせて使い、過剰摂取には気を付けましょう!

Pocket