2018年6月26日放送のたけしの家庭の医学
今回は内臓脂肪、頻尿、セカンドオピニオン
この3つの特集です
最初は内臓脂肪を減らす科から

 

 

スポンサードリンク

 

食事制限も運動も必要なし!?

内臓脂肪が増えていくと
様々な病を発症する可能性があると
言われています、その数は11も!

 

健康寿命の天敵である内臓脂肪を
減らすためには、ダイエットや運動が
必要とされてきましたが・・・
・食事を気を付けても
・運動をしても

つまり、長続きしないといいます。

 

高齢者は日々の運動が難しいという事も
問題の1つです。

 

そんな人たちに朗報!
近年の研究でダイエットも運動も
必要なし
、という夢のような
内臓脂肪を減らす方法があるのです!

 

東京医科大学病院の小田原雅人先生の話では
『BAT(褐色脂肪)』
という細胞が内臓脂肪を燃やすという。

 

BATが内臓脂肪を燃やしていく!?

誰の体にもBATは存在していて
これを活性化する事で内臓脂肪が勝手に
燃やされて減っていくという。

 

筋肉を動かした場合の燃焼効果は
数字でいうと4程度
ですが
BATが活性化した場合には
なんと300~400
という筋肉の70倍~100倍もの
燃焼量がある
というのです。

 

BATというのは?

肥満改善や糖尿病予防のため
最先端の研究が行われている細胞

 

脂肪を燃やして体温を上げていき
体のヒーターの役割がある
その燃料として内臓脂肪が使われる

 

しかし一つ大きな問題がある
『BATは年を取ると減ってしまう』
20代と比べると、30代、40代は
減っていってしまう。

 

しかし最新の研究ではBATが一度減っても
また元に戻すことができるという
これは30代や40代、是非とも
知っておきたいですよね。

 

BATを増やす方法は2つあります

BATが失われていると思われる
40代以上の4名の方達を大調査
BATの持ち主を見つけていきます。

 

すると4名中1名の方がBATを持っていた
男性の方ですが、体のどこを
どのように刺激しBATを持っている
状態になっているのでしょうか?

 

男性はなんと、冷凍庫で作業をしていた
男性は冷凍食品の配送管理
1日5~6時間、冷凍倉庫の中で
積み荷の確認作業をしている

 

小田原先生の話ではこのことを
『寒冷刺激』
と言っていました。

 

冷たい事を刺激として使っていて
BATが活性された方には
長時間にわたって冷たい環境にいた
という事がBATが増える1つの
要因ではないかと考えられる。

 

寒冷刺激がBATを増やすポイントだ!

これが1つ目のBATを増やす方法です
人の皮膚には寒さを感知しBATを増やす
センサーがついている、長期間センサーが
寒さを感知し続けるとBATが増える
という事がわかったのです。

 

なのでBATがあれば寒い部屋でも
体温を上げる事が出来る
という。

 

しかし一般の人が寒冷刺激を与えるのは
不可能だと思いますが、寒冷刺激以外に
方法はあるのです。

 

それは食事です
これがBATを増やす2つ目の方法です
消化器にもBATを増やすセンサーが
あるという事が近年明らかになってきた。

 

このセンサーは医学的に
『トリップチャネル』
と呼ばれていて消化器には
3種類もあります。

 

BATを増やす食材を大公開!

3グループあるトリップチャネル
1つずつ紹介

 

1 とうがらし、しょうが、黒こしょう、青魚
辛みがあり体を温める刺激物
トリップチャネルは温度や辛さを感知して
BATを増やすといいます
青魚のDHAやEPAもセンサーを刺激する。

 

2 にんにく、玉ねぎ、わさび、からし
違うセンサーを刺激してBATを増やす

 

3 ミント
メントールという成分が別の
センサーを刺激しBATを増やすという。

 

しかし一緒に摂るのは大変ですね
そこで奥薗壽子先生に
ミント料理やその他の種類の食材を
使ったレシピを教えてもらう事に。

 

サバ缶の玉ねぎマリネのレシピはこちら

家庭の医学、サバ缶の玉ねぎマリネのレシピ

 

そして教えてもらった料理を
食べる事でどのくらいBATを
増やすことができるのか?

 

3日間の検証を行った結果
前回と同じ18度の室温の部屋に入り
鎖骨部分の温度を測ることに

 

前回と同様体温は下がったのですが
まだ体温が維持できていたのです
小田原先生は、BATが活性化した
という事が考えられ
このまま続けると内臓脂肪の減少も
期待できるという見解でした。

 

 

スポンサードリンク