2018年5月26日放送の世界一受けたい授業
今回はレジェンドと呼ばれる
葛西紀明さんがいつまでも第一線で
秘訣についての特集です。

 

 

スポンサードリンク

 

レジェンドブレスのやり方

かつて葛西さんも心がとても
折れやすいと話します。

 

折れやすい心を生む
最大の敵はストレスだといいます
その折れない心の作り方として
レジェンドブレスという呼吸法が
ストレスに負けない心を授けて
くれたそうです。

 

レジェンドブレスのやり方は
1 鼻からめいっぱい息を吸う
2 さらに息を鼻から吸いこんでいく
3 5秒間息を止める
4 歯の隙間からゆっくり息を吐きだします

 

五輪の時も行っていました
レジェンドブレスを行う事で
ジャンプに集中できたそうです。

 

次に葛西紀明さんの疲れない体の
秘密を探っていきます。

 

葛西紀明の疲れない体を作るメソッド

冬季オリンピックに8回出場
これは世界歴代最多の記録です
恐らく破られることは
ないのではないか?という気まで
しています、少なくとも私は。

 

『特別な事をしているわけではなく
ちょっとした工夫をしているだけ』

そう葛西さんは話します。

 

疲れない体を作る最大のポイントは
代謝を上げる事、パフォーマンスが
発揮できなくなる理由が疲れ。

 

なので基礎代謝を上げる事で疲労物質を
排出させるというのです。

 

葛西式メソッド1 姿勢

最も疲れない姿勢は背筋を伸ばす
人の頭の重さは体重の1割と言われている
背筋が伸びた正しい姿勢であれば
負担はあまりないのですが
しかし姿勢が悪いと頭を支えている
首や肩に大きな負担がかかっている。

 

この正しい姿勢を維持するためには
ある程度の体幹の力が必要となります。

 

疲れない体を作る体幹トレーニングやり方

仰向けに寝て両ひざを立てて
へその1㎝下を1㎝へこませて力を入れ
上半身を上げておへそをのぞく
これを3秒キープし、息を吐いて
ゆっくりと戻していく
5回繰り返しましょう。

 

腹横筋と腹直筋を鍛えられ
正しい姿勢を維持できるようになり
体幹を強くしていく事が出来ます。

 

葛西式メソッド2 特に下半身を鍛えよ

 
全身の筋肉の7割が集まっているので
鍛える事で代謝が上がりやすくなります。

 

下半身強化トレーニング
2つのやり方を下記にて紹介!

 

スキージャンプスクワットのやり方

肩幅に足を開き手は頭の後ろに組み
膝がつま先より出ないように
10秒かけてゆっくりと腰をおとす。

 

そして10秒かけて元の姿勢に戻す
1日5回、3セット行いましょう。

 

テレマークスクワットのやり方

手を腰にあてて前後に足を開く
バランスを取りながら
5秒かけて膝を落とします
床に膝がつく直前で5秒キープ。

 

10秒かけて元の姿勢に戻す
左右交互5回ずつ1日3セット
行いましょう。

 

レジェンドブレスのやり方は
一番上に記載していますので
恐れ入りますが上に戻り
ご確認ください。

 

 

スポンサードリンク