2017年8月1日放送の今でしょ講座、今回は
臓器若返り術についての特集
体内の糖化や老化を遅らせるために
どういう事をすればいいのでしょうか
また、若返りレシピというのも気になりますね。

 

 

スポンサードリンク

 

肝臓を若返らせる食材は?

夏に肝臓が弱ってしまう理由は、肥満
夏は代謝が悪くなる季節、そういう時に
暴飲暴食をしてしまうと肝臓を弱らせてしまう。

 

肝臓を若返らせる栄養素が多い食材があり
それはなにかというと、ブロッコリースプラウト
これにはスルフォラファンという成分が含まれている
炎症を抑える力がとても強い

 

脂肪細胞は炎症性サイトカインという物質を放出し
様々な臓器を弱らせてしまいます。

 

肝臓に起こるリスクは、肝臓に傷がついてしまうと
白血球が集まって治療をする、これを線維化と
いいますが、これを繰り返されると肝臓が硬くなる
そして肝硬変や肝臓がんに進行することもある。

 

他にもスルフォラファンが含まれているのは
・キャベツ
・大根

となっている。

 

サクラエビも肝臓を若返らせてくれる
これにはアスタキサンチンが含まれている
これも強い抗酸化作用がある。

 

ブロッコリースプラウトとサクラエビのマリネの作り方は
別記事に記載しましたので、そちらへどうぞ。

今でしょ講座、ブロッコリースプラウトとサクラエビのマリネの作り方

 

髪を若返らせる栄養素は?

夏は紫外線が強く頭皮がダメージを受けてしまう
結果的に白髪や抜け毛の原因になる
若返らせる食材としておすすめなのが高野豆腐
髪の毛をより若返らせるのであればタンパク質が重要となる
髪や肌、爪はケラチンというたんぱく質で出来ている
その材料のタンパク質が不足ていると、生成されない
そう考えるのが普通ですよね。

 

タンパク質の量は、木綿豆腐の7倍、卵の4倍、牛肉の2.5倍
高野豆腐には含まれている。

 

他にタンパク質が多い食材として紹介されていたのが
・たらこ
・のり

更にゴマもおすすめ、特に亜鉛がポイント
タンパク質の吸収がより高めてくれる。

 

なんちゃって豚の角煮も別記事に記載して
いますのでこちらへどうぞ。

今でしょ講座、なんちゃって豚の角煮の作り方

 

血管を若返らせる栄養素は?

血管を若返らせる栄養素が多く含まれる食材ですが
ポイントは血流の改善です、そんな食材は
何かというと、タコです。

 

ポイントはタウリン、サバの5倍、豚ロースの17倍ある
血流や血圧を改善し血管を若く保つ物質です。

 

更に、アジやホタテにもタウリンは
たっぷりと含まれている。

 

タコとアジのアクアパッツァの作り方
タコとアジ
そしてトマトなどを入れて煮込めば出来上がり
材料ですが、見た感じではタコ、アジ、あさり
ミニトマト、シメジ、トマトスープなどが入っていました。

 

 

スポンサードリンク