2017年10月17日放送の世界仰天ニュース
今回は身近な食べ物で命が危ぶまれる特集
どういう食べ物があるのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

中国で人間が消化できない魚がいる?

その魚は工業用油の原料の魚で、中国の
スーパーではタラとして販売されていた
しかし、調べてみるとそれはタラではなかった
価格もタラの10分の1の価格で激安・・・

 

それを食べた人たちが腹痛を訴えた
一体何の魚が激安で販売されていたのか?
それはバラムツという魚
身はものすごいブヨブヨしている、触ると
油がものすごい、そして食べると油が消化できない

 

バラムツは有害な物質が含まれているので
日本では食べる事を禁止している
日本でも漁でかかる事があります。

 

天ぷらで命の危機?

2008年のシンガポール、日本食が人気だそうです
家庭でも和食が並ぶこともあるとのこと。

 

ある少女が天ぷらを食べました、するとその後
喉の奥がかゆく息が苦しくなり、腕には蕁麻疹が・・・
アナフィラキシーショックを起こしていたのです。

 

後日食材のアレルギー検査をすると
天ぷら粉がアレルギーを起こしていた。

 

しかし彼女は小麦アレルギーではない
あの小麦粉はある生物が繁殖していた
それはダニ、つまりダニアレルギーだったのです。

 

小麦粉の中でダニが大繁殖していたのです
袋を開けて長時間常温で保存していると
ダニが繁殖をしてしまう、ダニのエサになるものが
小麦粉の中には含まれているので、袋を閉じていても
僅かな隙間からダニが侵入してしまうのです
保存は冷蔵庫の中へいれましょう。

 

 

スポンサードリンク