2018年1月23日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
今回は足腰、血管、認知症
原因不明の痛み
この4つについての特集
最初は血管の老化を止める事について。

 

 

スポンサードリンク

 

血管の若さを保つ最重要栄養素がわかってきた

健康な血管は血流が急に早くなっても
しなやかで弾力性があり
血流を受け止めて問題なく流れます
しかし動脈硬化の血管は
弾力性がなくなり
圧力に耐えられずに破裂する

可能性が高くなるのです。

 

東京慈恵会医科大学の柳澤裕之先生
血管の老化防止に欠かせない栄養素が
わかってきたと言います。

 

その栄養素は常に体内に存在し
血管を傷つける事で動脈硬化を
進める活性酸素を除去するのに
役立つ栄養素、なんだそうです。

 

最重要栄養素と言われると
とても気になりますよね。

 

街でこの栄養素の話を聞くと
名前は知っているが働きは知らない
という人がほとんどなんです。

 

そこで栄養に気を配っている14名の方達の
血管の状態を調べる事に

 

普段どんなことに
気を付けているのかというと
・野菜をたくさん食べる
・間食はあまりしない
・カロリーを調整して肥満予防
・塩分に気を付ける
・食物繊維を摂取する
・カロリーに気を付ける

ある人は1日の野菜総摂取量は470g
という人もいました
国が推奨する量をはるかに超えている。

 

そこで血管の検査をしてみると・・・
年相応の年齢の血管の人が多いかと
思ったら、実年齢よりも上だという
人が多かったのです、14人中6人も。

 

その6名の最重要栄養素の量を調べると
基準値は80μgですが
6名中5名が基準値以下
という事が
わかったのです。

 

最重要栄養素の不足によって
血管の老化がもたらされたと
考えられます。

 

亜鉛が血管老化防止に役立つ栄養素

その栄養素が多い主な食材はというと
チーズ、かに、ナッツ、肉類
これは栄養素の多い順ですが
一番含有量があるのはカキなんです。

 

カキという事は、亜鉛ですね
この亜鉛が血管の老化防止には
最重要栄養素だという。

 

亜鉛の健康効果、柳澤先生の話では
高齢者に亜鉛不足が多いとのこと
肉をたべなくなったり、老化によって
消化吸収が悪くなるので
食べる事を避ける
、という事があるため
亜鉛不足になってしまう。

 

といっても亜鉛不足かどうか
自分ではわからないですよね?
しかしそのチェック法があると言います。

 

簡単な亜鉛不足チェック法

街ゆく皆さんに協力をしてもらう事に
2種類の煮物を食べて美味しいと
思う方を選ぶだけ。

 

何の変哲もない筑前煮ですが
調理法に違いがあったのです

 

1つ目の煮物は砂糖、塩、しょうゆを
レシピ通りに分量を使用した
ごく一般的な筑前煮。

 

もう一つの方は、砂糖を1つ目よりも倍
さらに塩と醤油も倍にした
濃い味付けの筑前煮
に仕上げました。

 

今回のチェックで調べていたのは味覚
亜鉛が不足すると、味蕾と呼ばれる
味を感じる細胞が減少、味の正しい判断が
出来なくなっていき、濃い味のものを
好む味覚の異常が起こりやすくなる

 

なので濃い味付けの筑前煮を食べた人は
もう一つのレシピ通りの味付けをした
筑前煮を食べると味が物足りないと
感じたのです。

 

そこで濃い味付けを選んだ人に倍の
調味料を使っていると知らせると
とても驚いていました。

 

この味覚の異常こそが血管の老化を
進めるもう一つの原因、濃い味が
好きになり塩分量が増加
高血圧を引き起こす危険性がある。

 

自宅で出来る簡単チェック法

コップ1杯(200ml)の水を用意
耳かき3杯分(0.08g)の塩を入れ
これを飲んでしょっぱさを
感じたら味覚は問題ない。

 

普通のお水と塩水の味の違いが
分からない場合は亜鉛不足で
味覚の異常が起きている可能性がある。

 

では味覚が衰えている場合は
どうすればいいのかというと
亜鉛を十分摂れば味蕾が増えて味覚も
元に戻っていく
とのこと。

 

動脈硬化が進んでいても亜鉛を摂れば
改善はするのか?
この場合でも、柳澤先生の研究チームは
ラットの実験ではあるが
亜鉛を十分摂れば高血圧が改善する
という研究結果を得ているようです。

 

亜鉛を積極的に摂ることで
血管の老化の改善が期待できると
考えてもいいかもしれません。

 

亜鉛を取れば血管の老化がどれだけ改善する?

血管年齢が11歳も老けた女性で検証
1日の亜鉛摂取量は7.6㎎で
これは60代女性の亜鉛平均摂取量と同じ
しかし柳澤先生は
理想的な摂取量は10㎎と言います
そこで女性には
ある2つのちょい足し食材を食べてもらう。

 

1 卵
卵黄に亜鉛がたっぷり、卵黄100g(約5個)で亜鉛量は4.2㎎
含まれています
1個あたりは0.84gとなっている
普段の食事に卵を足すだけで
亜鉛のちょい足しに成功。

 

2 粉チーズ
チーズ類の中でも
パルメザンチーズは最も亜鉛が豊富
大さじ2杯程度で卵1個と同等量の
亜鉛が摂取できるとのこと。

 

3食に必ずちょい足しをしていくと
亜鉛不足が解消されていきますね
さらに女性は優秀な亜鉛ちょい足し食材
ゴマも足していました
100gの亜鉛の含有量では牛肉よりも多い5.9㎎
(しかしゴマの100g・・・とんでもない量なので
毎食で少しずつ摂取すると良いかも)

 

そして1週間後、血管年齢は
実年齢60歳に対し、以前は71歳
しかし1週間で49歳にまで改善しました!

 

 

スポンサードリンク