2017年5月8日放送の趣味どきっ、月曜日は
美筋ボディーメソッドといい身体を動かして
美しい理想のボディーラインを目指すという
特集をしています、その6回目の放送を記していきます
トレーナーは、モデル兼インストラクターAYAさん。

 

 

スポンサードリンク

 

腕だけしか鍛えないわけではない腕立て伏せ

腕立て伏せは、上腕三頭筋や大胸筋、そして腹筋も
鍛えることができます、姿勢をよく腕立て伏せを
すると腹筋が疲労してくるのがわかります。

 

基本の腕立て伏せ

肩幅に手を開き、プランクポジションを取り
肘を後ろに引き胸を床につける、肘を曲げる時は
わきをしっかり締めましょう、お腹に力を
入れる事を意識しましょう。

 

腕立て伏せ 初級編

壁を使った楽なスタイルから
壁に手をつき、身体を少し斜めに倒す
肘を後ろに引き、壁に胸を近づけたら元に姿勢に戻す
肘を引くフォームを体に覚えさせましょう。

 

次はいすやテーブルなどに手をついて行う腕立て伏せ
壁よりも体幹を意識することができるので
腕で体重を支える感覚をつかめます

 

続いてひざを床についての腕立て伏せ
脚をクロスさせると姿勢が安定しやすくなる
全ての目標回数は5回×4セット行います。

 

腕立て伏せ上級編 タックプッシュアップ

手をついたまま、両脚をジャンプさせた後
腕立て伏せを行う、ジャンプは前に飛んで後ろに戻す
そして腕立て伏せをする。

 

ジャンプすることでより腕に負荷がかかる
出来ない場合は、ジャンプが終わったら膝をついて
腕立て伏せをする。

 

荻野伸也のパワーレシピ

今回は鶏レバーを使います
アスリート向けの、簡単パテ・ド・カンパーニュ
鶏レバーとほうれん草の組み合わせで鉄分が
大幅にアップしますよ。

 

作り方
1 茹でたほうれん草5株をフードプロセッサーで細かくする
2 鶏レバー250gを入れて再び細かくする
3 豚ひきにく350g、赤ワイン70ml、卵1個
  ニンニク10g、塩8g、こしょう少々をいれて
  フードプロセッサーで細かくする
  糸を引くまで粘りが出たらOKです
4 オーブンが可能な皿や鍋を用意し、そこへ具材を
  入れてローリエを2枚のせ、200度に熱した
  オーブンで40分間焼く
5 焼き上がりの確認は、金串を料理の真ん中に
  刺して3秒置き、それで金串の真ん中部分が
 熱くなっていれば火が通っている証拠です
6 常温になるまで冷まし、その後冷蔵庫で
  1晩寝かせれば完成です

 

持久力を付けたい方や、貧血気味の方にはお勧め
食べすぎには要注意です。

 

最後に行うワークアウトタイムは
・スクワット 1分間
 休憩 30秒
・腹筋 1分間
 休憩 30秒
・腕立て伏せ 1分間

というプログラムです、回数は自由で
自分のペースで行いましょう。

 

 

スポンサードリンク