2018年7月3日放送の趣味どきっ!
続・体が硬い人のための柔軟講座
今回で5回目となります
どこをストレッチするのかというと
『肩甲骨』
中野ジェームズ修一先生に教えてもらいます

 

 

スポンサードリンク

 

肩甲骨は体の中で唯一浮いている骨?

肩甲骨は浮いているため
どうやって支えられているのかというと
周りの筋肉によって
支えられているのです。

 

なので周囲の筋肉が硬くなると
肩甲骨の動きが悪くなっていく
これが肩こりへとつながる。

 

肩甲骨を動かす動的ストレッチのやり方

1 肩甲骨ミックスストレッチ
腕ふりとひじ回しを交互に繰り返す
まず腕ふりから
肘を90度に曲げて真後ろに引き
肘を正面に向けるまで腕をふっていく
次に脇を少し開けて肘を
斜め後ろに引き、肘を正面に戻す
反動をつけて行っても良い。

 

続いてひじ回し
まずこのようなポーズを取ります

そして真横に開いて

下におろします

 

この2つの動作をそれぞれ3回ずつ
行って10セットを目標にやりましょう。

 

腕の重さというのは片腕で2~3㎏
あるといわれています、肩甲骨が
少ない筋力だと腕を支えるのも
辛くなっていき肩こりになる事も。

 

2 胸開きストレッチ
背もたれのある椅子を用意し座り
両手を前に上げる

腕をクロスさせ手のひらを合わせ
首と背中を丸める

次に腕を開いて斜め下に広げ
胸を突き出し背筋を伸ばそう

リズミカルに20回繰り返そう。

 

3 腕上げストレッチ
体の前で手を合わせる

そのまま頭の上へあげて
手のひらを外側に向ける

このように肘を曲げて横におろす

リズミカルに20回行いましょう。

 

大胸筋と肩こりの関係

胸の大きな筋肉大胸筋、ここが硬くなると
肩が前に出て姿勢が悪くなってしまう。

 

大胸筋の柔軟性がないと
肩を後ろの正常な位置に持っていく
事が出来ないという。

 

なので大胸筋を伸ばす
ストレッチというのは重要となる。

 

大胸筋を伸ばす静的ストレッチのやり方

1 壁で腕開きストレッチ
背もたれのある椅子を用意し
壁を横にして座ろう

 

肘を曲げて壁に手をつく

頭を横に向け体をひねる様にし
鎖骨周りの筋肉を伸ばしましょう

20秒~30秒キープする。

 

2 腕開きストレッチ
背もたれのある椅子を2つ用意します
そしてこのようなポーズをとる。

そして上体をゆっくりと沈める

 

僧帽筋を伸ばす静的ストレッチのやり方

1 腕横伸ばしストレッチ
背もたれのある椅子を用意し座り
片方の腕をまっすぐ前に伸ばす
親指を内側に向けて腕をひねる

反対側の手で手首をつかむ

背中を丸め掴んでいる腕を横に
引っ張って息を吐きながら
20秒~30秒間キープします。

 

2 背もたれクロスストレッチ
背もたれのある椅子を用意し
背もたれを正面にして座る。

 

腕をクロスして背もたれを横からつかむ

頭を下げて背中を丸めていき
上部に伸びを感じたら
息を吐きながら20秒~30秒間キープ。

 

 

スポンサードリンク