ケルセチンは緑茶で摂取し体のサビ(活性酸素)を取り除こう!
疑問

体内にたまったサビ
いわゆる活性酸素を
どうやって減らしていくの?

普通2

減らしていくポイントに
ケルセチンという成分が
関係しているみたいよ
そのあたりは管理人が
記していくみたい


 
体内にたまったサビを取り去ってくれる
ケルセチンについて記していきます
ある飲み物でケルセチンを補って
体内にたまったサビ(活性酸素)を
減らしていくのですが
それはいったい何なのか?
 
この記事の流れは
飲み物の紹介
  ⇓
成分が活性酸素を減らす理由
という順番になっています。

 

その前に補足

現在の研究は、ケルセチンを配合した
治療薬での臨床研究なので
食品摂取での研究は行われておらず
人工的に取り出したケルセチン
そのものを直接投与して
健康への有用性を調べるのが
ほとんどなんだそうです

 
今回の1日の摂取量などは
番組内で独自に行われていた検証なので
『おそらく有効なんだろうな』
という可能性がある程度に
思う事がベストだと思います。
 

ケルセチンは緑茶で補おう!

ケルセチンの1日の推奨摂取量は
100mgと言われているが
食べ物で摂取しようとすると
膨大な量を食べないといけない
これでは補う事は不可能な状態。
 
レタスなら1日14玉
ピーマンなら1日30個

途方もないですよね・・・
 
なので飲み物で補う
その飲み物というのは
『緑茶』
 
緑茶の茶葉にはケルセチンが含まれている
ピーマンの2.5倍もの量なんだそう。
 
緑茶ばかりが注目されていますが、他にも
ウーロン茶や紅茶にも含まれています
毎食後、緑茶を飲むとよいとのこと。
 

スポンサーリンク

ケルセチンが体のさびを止めてくれる?

ケルセチンの働きですが
サビた細胞だけをやっつけて
正常な細胞は生き残る

 
その効果はマウスにケルセチンを
投与した実験ですが
・血管を軟らかくする
・心臓の働きを改善
・認知症や肺の病を改善

 
人間での治療は行われていないのか?
ケルセチンを配合した治療薬の
人間での臨床研究が始まっている
という。
 
次にケルセチンはどんな食材に
含まれているのか?
玉ねぎ、ピーマン、アスパラガス
サニーレタス、りんご、イチゴなどの
ベリー系の果物に多く含まれています

植物由来のポリフェノールの
一種なので野菜や果物に含まれている。
 
ケルセチンが豊富に含まれている
飲み物があります、それは冒頭に
記した通りなので改めてご確認ください。
 
参考テレビ番組
2019年1月22日放送 たけしの家庭の医学

 

スポンサーリンク