プール熱、正式名称は咽頭結膜熱というのですが
初めて聞いた病名です、現在関東圏で
患者報告数が増加しているとのこと、一体
どういう症状でどういう病気なのでしょう。

 

感染経路は主に飛沫感染と接触感染です
そしてアデノウイルスという細菌が原因。

 

アデノウイルス急性ウイルス感染症とも言われていて
・喉の炎症
・発熱
・結膜炎

などの症状が現れてくる。

 

どうしてプール熱と呼ばれているのかというと
プールで感染することが多いことから、プール熱と
言われているんだそうです。

 

この場合もちろん感染源となる、アデノウイルスを
持っていなければ感染することはないのですが
夏のこの季節は油断ができないですね。

 

とはいっても学校でキレイを徹底するなんていうのは
到底難しいことでもあります、子どもたち自体が
免疫力を鍛えるほか、感染予防はないのかと
思ったりもするんですよね・・・

 

それにしても本当に色々な病気が増加増加と
そういうニュースが多くなったものです
私が小さい頃にはプール熱なんて聞いたことが無い・・・

 

どうしてこうなってしまったんでしょうね
現代の子どもたちの免疫力低下は非常事態だと
思わずにはいられません。

 

まず最低限できることは、手を清潔にしたり
プールの際タオルを回し使ったりするのをやめたりなど
小さなことから予防していくしかないですね。

 

 

スポンサードリンク