2018年2月27日放送のこの差って何ですか
今回は朝起きて腰が痛い人と痛くない人の
差についての特集です。

 

 

スポンサードリンク

 

腰が痛い人はいつ痛む事が多い?

朝起きてから、という人が多かった
腰痛の時間帯別発声時間というものでは
朝の8時から10時が多いという。

 

ではどうして朝起きてから腰が
痛くなってしまうのか?
カイロプラクティック院、院長の
碓田琢磨先生に朝起きて腰が
痛い人と痛くない人の話を聞くと
ある意外なことがわかった。

 

それはなにかというと
「寝返りの回数」
だったのです。

 

腰が痛くない人は寝ている間
寝返りを37回行っていたが
腰が痛い人はたったの4回。

 

寝返りが少ないと朝腰が痛い理由は
寝ている姿勢だと、内臓が腰の方へ
移動してきて背骨の部分にある
血管を圧迫してしまう。

 

内臓や内臓脂肪というのは、体重の
約4割もある
と言われている
つまり寝返りが少ないということは
血管が圧迫される時間も長く
血流が悪くなり筋肉が炎症を起こし
朝起きた時に腰が痛い

という事につながるのです。

 

寝返りを多く打つ人は内蔵によって
血管が圧迫される時間が
短いため、朝腰が痛くならない。

 

横向きで寝ていても寝返りは
打ったほうが良い、うつ伏せの場合は
背骨が反りすぎて腰に負担がかかり
朝起きた時に腰が痛くなってしまう。

 

どちらにせよ、寝返りを多く打つ事が
腰の痛みには非常に大切なのです。

 

でも寝返りを打つ回数が少ない人は
何か原因はあるのか?
それは筋肉がこわばっているからかも。

 

なので寝返りを打ちやすい体にするには
筋肉を柔らかくする必要がある。

 

筋肉を柔らかくするには、
高齢者のように筋力が弱っている
人は運動ってしんどいものです
そこで碓田先生が考えた
たった45秒で、簡単寝たまま体操
というものを教えてくれました。

 

寝たまま体操のやり方

1 肩をほぐす寝たまま体操
頭の後ろで指を組む、肘を立てて
口から息を吐きながら、肘を床に
押し付けるようにして5秒キープ。

 

このストレッチを5回、寝る前にやる
5回で25秒ですね、簡単です。

 

2 腰をほぐす寝たまま体操
片足をたて体の反対へ置き
足を倒しながら体をゆっくりひねる
こんな感じに

腰の筋肉を伸ばすように意識しよう
10秒キープしたらもとに戻し
次に反対側も行い
10秒キープ、合計20秒やります。

 

毎日2つの寝たまま体操を2週間
行うと筋肉がほぐれていき
朝起きても腰が痛くなりにくく
なっていきます。

 

 

スポンサードリンク