外反母趾というのは足の親指が
くの字に曲がり人差指を圧迫する病
女性の3割が患っているという。

 

放置すると大変な事になる
年齢とともに変形が強まったりして
歩きづらくなることもある

 

国際医療福祉大学塩谷病院の
須田康文先生は
10分の手術で親指をまっすぐに
する事が可能だといいます。

 

その手術法は
『DLMO法』
このように呼ばれています。

 

DLMO法について

全身麻酔をして手術を開始します
足の親指の間接辺りを2㎝切って
そこからワイヤーを挿入する

 

親指の先まで貫通させ曲がってしまった
中足骨を切断していき
足の親指を正しい位置に戻していく。

 

あとは挿入したワイヤーで骨を固定する
骨のぐらつきがある場合は
ワイヤーを追加したりする
そしてワイヤーをずれないように
固定して、傷口を縫合したら終了
切った骨も数か月もすればくっつく。

 

そしてワイヤーなのですが
親指の先から出た状態となっていて
これは1ヶ月ほどで抜いてしまうとのこと
痛みはないという。

 

自宅で出来る簡単な外反母趾予防法

100均にあるヘアゴムを使います
両足の親指の先にヘアゴムをつけ
両かかとを付けた状態で足を
ゆっくりと開いていく。

 

10秒キープしたら脱力する
10~20回1日朝と晩2セット行いましょう。

 

参考番組
2018年11月28日放送
スゴ腕の専門外来より

 

 

スポンサードリンク