近年増加しているうつ病、治療と言っても
精神薬を服用したり、身体的負担が大きく
完治というのは難しい疾患の一つです
そんなうつ病の治療に兆しとなる研究結果が
この程発表されました。

 

 

スポンサードリンク

 

胃薬を投与したらうつ病改善の兆しが見られた?

岡山理科大学理学部の研究グループが発表したのですが
うつ状態のマウスというのは、あるたんぱく質が
減少しているというのです。

 

それはヒートショックプロテインというたんぱく質の一種
その中の105というタイプのたんぱく質
うつ病マウスの脳内で減っていました。

 

そこでヒートショックプロテインを増やす働きのある
胃薬を経口投与したところ、うつ症状の改善が見られた
という結果が得られたのです。

 

更にうつ病などの脳神経疾患に関係している
「脳由来神経栄養因子=BDNF」
というタンパク質の量を増やすことで
うつの症状を抑えている仕組みもわかったとのこと。

 

うつ病治療に新しい方法が
導入されることを期待したいですね。

 

まだマウスでの実験で
人ではまだ臨床をすすめていない

検証を重ねていくとのことです
実用化されればいいですね。

 

ヒートショックプロテインとは?

たんぱく質の一種で細胞が傷ついていると修復する
別名若返り物質とも言われている。

 

ヒートショックプロテインの増やし方というのは
熱いお風呂がポイント、熱いことで肌が
ストレスを感じ、ヒートショックプロテインは
増えていくのです。

 

42度ほどのお風呂に浸かる、その時間は10分から15分
そうすることで全身が熱くなっていき増加していく。

 

この方法は毎日やればいいわけではなく
週に2回行うだけでいい、毎日やると肌が
熱さに慣れてしまい、効果減少につながるためです。

 

*注意
ヒートショックプロテインを増やす方法を行えば
うつ病改善の兆しが見られるというのは根拠はありません
ただ単にヒートショックプロテインを増やす方法は
こういうことであるというだけです。

 

 

スポンサードリンク