2017年10月21日放送の世界一受けたい授業2時間SP
今回はあなたはダマされている、というテーマ
いくつか健康関連の事も特集されていたので
記していきます、続いては減塩対策のウソ
なんだか医療関係者がこのページに多数訪問をして
いるので少々修正、当時の映像を見直しながら
たしかに言葉が足りないところはあったかも。

 

 

スポンサードリンク

 

塩分摂取=高血圧は嘘

塩分を取ると高血圧になるのはうそです
そう提唱するのは北品川藤クリニックの
石原藤樹先生です
減塩しすぎると病気になることがあるという。

 

減塩は出来ているのに高血圧患者は激増している
この時点でおかしいな?って思いますよね?

 

ちなみに1955年辺りの塩分摂取量は1日約18g程度
そして現在は約半分程度にまで塩分摂取量は減っている
しかし高血圧患者数は右肩上がり

 

1990年のデータでは600万人より多いくらいだったのが
2014年では1000万人を超えています・・・
1955年当時だと恐らく600万人よりも少なかったと
考えられますね。

 

このデータからも、塩=高血圧の原因ではない
という事が考えられます。

 

更にアメリカのラッシュ大学の3年間の追跡調査では
1日の塩分量を6.35g未満に減塩した心臓病患者と
減塩をしていない患者に比べ、減塩した方が
死亡リスクがなんと85%も高い
という結果が出たのです。

 

もう一つウソがあります、それは
味噌汁は塩分過多の原因ではないということ

 

むしろ高血圧な方にこそ味噌汁をお勧めする
味噌の働きには、血圧を下げる働きや
塩を腎臓から出す働きがあるため

塩分が打ち消されるのです。

 

更に味噌に含まれる大豆イソフラボンのおかげで
動脈硬化を抑え、血管年齢を若返らせる
効果があるとのこと

塩も味噌も適量よりちょっと多めに
摂取しても問題はないという事ですね。

 

ただしです!!
だったら塩も味噌も過剰に摂取しても問題ないか!
ではありません
塩を過剰に摂取することで血圧は上がります
味噌だってたくさんお湯に溶くとしょっぱくて
のめたものではない、バランスが重要
ということは覚えておきましょう。

 

 

スポンサードリンク