2017年12月19日放送のこの差って何ですか
今回は舌の色で身体の異常を見分ける特集

 

 

スポンサードリンク

 

舌の色が白いと身体に異常が起きている?

鏡で自分の舌をみたときに
白っぽいという事はないでしょうか?
どうして舌は白っぽくなるのか?

 

北里大学の伊藤剛先生の話では
正常な舌はほのかな赤いピンク色
身体の異常が起こることで、舌の表面が
白っぽくなる、これを苔(こけ)とも言います。

 

これは舌の表面で細胞が死んで蓄積されたもの
通常この舌の白いものは、食べ物で
自然と削られていくものなんです。

 

しかし身体にある異常が起こっていると
舌の白いものの下にある乳頭という部分が
成長してしまい、舌の表面がでこぼこな
形となってしまう
(目に見えないおおきさのでこぼこです)

 

そして乳頭と乳頭の間に舌の白いものが
溜まっていき、食べ物では削り落ちない
という事になってしまうのです。

 

舌が白っぽい時のある異常というのは
胃や腸に問題が起こっている事が多い

 

その理由は、食べ物の消化吸収に関わっている
例えば炎症を起こすと、治そうとして
新しい細胞が作られる。

 

そして胃腸と舌は粘膜で繋がっているため
舌でも新しい細胞が作られていて
その結果、乳頭が大きくなる。

 

舌が白っぽくなると舌みがきを
する人もいるかと思いますが
これはあまりやらない方が良い

 

例えば皮膚の垢は、外からの衝撃などから
守るバリアの役割もある、これと同様に
舌の白いものも食べ物などから
舌を守るバリアの役割があるのです。

 

舌の白いものは口臭の原因となると
言われていたが
これはほとんど臭わないようです。

 

舌をみるだけで身体の異常がわかる?

スタジオに居た方達も身体に異常があった
・加藤浩次さん
舌の縁に歯型がついている、これはむくみで
ついてしまっている、体内の水分が多いので
このようになっている。

 

水やお酒を控えるように
汗もあまりかかない人もむくむそうです。

 

・土田晃之さん
淡いピンク色だったのだが、赤血球が
少ないためこのような色になっている
栄養が足りないために起こることもある。

 

鉄分も不足しているとのこと
貧血の可能性もあるそうです。

 

舌の色が濃い赤色でも異常がある
血液の流れが悪くドロドロに
なっている状態だからこの色に

 

心筋梗塞や脳梗塞などを発症する
リスクが高まるので気を付けるように。

 

 

スポンサードリンク