2018年7月31日放送の世界仰天ニュース
今回は最新の肥満に悩む女性の
未来の医療の特集です
どんな治療法なのか興味ありますね
将来日本でも導入されるかもしれません。

 

1年で68㎏減のアスパイア・アシストとは?

アメリカ・インディアナ州に住む
ロッタさんという方
悩みは底なしの食欲でした。

 

以前は145㎏あったのですが
現在は77㎏になっています
どうやってこれだけ痩せたのか?
その秘密はお腹にあります。

 

この最新肥満症治療器具を開発したのは
モシェ・シャイク先生
消化器内科医の先生なのですが
栄養士の資格も持っているので
食べ物とがんの研究も行っていた。

 

そこで注目したのが胃ろう
胃に直接チューブをつけて栄養を送る
事を言うのですが、ある時シャイク医師は
『胃から物を出す事で
救われる患者もいるのでは?』

という風に考えたのです。

 

すぐに肥満症専門の仲間に話をして
開発されたのが
『アスパイア・アシスト』
という器具です。

 

使い方はお腹についたキャップの様な
器具にチューブをつなぎ
そのチューブの先はトイレ。

 

もうお分かりだと思いますが
胃の中で消化されているものを
チューブから排出する
のです。

 

お腹の中ですが、胃の中にチューブが
差し込まれていて、お腹出口キャップに
外からチューブをつないで
ストッパーを外せば、胃の中の食べ物が
栄養になる前に出ていくシステム。

 

またストッパーでコントロールできるので
自由に止める事も出来る
食べたものが胃に留まるのは1~2時間
小腸に贈られる前でなければ
効果はないので食後30分ほどで出す。

 

栄養不足にならないように少しは胃に残し
空腹を感じさせないよう水を補う

 

アメリカやヨーロッパでは認可済み
日本では残念ながら承認されていない

 

 

スポンサードリンク