2017年12月16日放送の世界一受けたい授業
今年分かった新常識3時間SP
続いては筋膜リリースの最新情報の特集
痩せやすい体を作る筋膜リリースだそうです
どういうやり方か楽しみですね

 

 

スポンサードリンク

 

筋膜リリースのやり方をおさらい

自分で出来る筋膜リリースという本に続いて
痩せる筋膜リリース、という最新の本が
2017年9月に発売されている、著者は竹井仁先生。

 

ダイエットの新常識キーワードに筋膜が
挙げられています、この筋膜というのは
筋肉を包み込んでいる膜のことを言います。

 

分かりやすく言うと、鶏肉の皮の裏側に
薄い透明の膜があるのを見たことが
あるかと思います、これが筋膜です。

 

筋繊維に至るまで1本1本を包み込み
1枚のボディースーツのように全身に
つながっているのです。

 

竹井仁先生の話では、筋膜が歪むことで
筋肉が動きにくくなり代謝が落ちる
歪んだ筋膜をリリースすることによって
運動に参加する筋肉の量も増えて
代謝が上がり痩せやすい体が出来るのです

 

・筋膜リリース基本編
ターゲットの部位は、肩から背中、太ももの裏
1 テーブルに両手を乗せ軽く体重を支える

2 そのままテーブルの前に手を滑らせ30秒止める

この時かかとが浮かないように気を付けて
身体を直角に曲げて手を伸ばしましょう
肩から背中、ももの裏までつながる筋膜が伸びる。

 

この部分は大きな筋肉が集中しており
動かしやすくなると代謝がアップしていく
3回を1セットとして1日3セット行う。

 

・筋膜リリース中級編
ターゲットは二の腕と背中です
1 椅子に座って手のひらを前に伸ばし両手をくっつける

2 肘を90度に曲げていき画像のようにする

3 そのまま上へあげ両肘が離れるギリギリのの所で20秒間とめる
肘や手が離れないように注意しあごを引き
お腹には軽く力を入れていく
二の腕のたるみや背中の脂肪に効果があるとのこと。

 

また胸の筋肉も鍛えられるので
バストアップにも期待が持てるようです
3回1セット、1日3セット行いましょう。

 

筋膜リリースのやり方最新版 上級編

ターゲットはお腹とお尻の筋肉です
1 床に座り両手を膝に乗せ肘を伸ばす

2 体重を床に移動させ肩が床につきそうに
  なったら前に体重を移動させる


3 両足が床につきそうになる前に再び
  体重を後ろへ移動させる、そして前に移動
  という事をゆりかごのように繰り返します

 

肘が曲がったり膝が伸びないように注意
腹直筋と大臀筋が同時に鍛えられます
5往復を1セットとし1日3セット行う。

 

よろしければ筋膜リリースの他のページも
ご覧になってください、ぜひ参考に。

世界一受けたい授業、筋膜リリースのやり方、肩、腰、全身編

 

筋膜リリースのやり方、ローラーを使用した筋膜ほぐしも紹介

 

 

スポンサードリンク