2016年1月7日放送のスゴ腕の専門外来、6つの病の
最先端治療を紹介、一つ一つ詳しく記せればと思います。
2つ目は睡眠。

 

不眠症は日本全国で2500万人が悩んでいる

中には睡眠時無呼吸症候群など命の危険がある病も。
神奈川県の16号整形外科の睡眠外来、予約はなんと2か月待ち
そこの先生である、山田朱織先生。

 

山田先生曰く、99%の人は自分に合わない枕を
使っている
といいます、でも自分にあう枕を
探すのって結構難しいですよね。

 

スタジオのゲストの枕を診ていくと
全員合わない枕を使っていると言われました。

 

体に合った正しい枕を学ぼう!

外来に訪れた38歳男性、いびきが凄いようです。
聞けば確かにものすごいし、一瞬息が止まりました。
これは睡眠時無呼吸症候群ですね
しかも息が止まった時間が34秒も・・・危ないですね。

 

そこで山田先生が正しい枕を処方。
診察した日の夜、再び睡眠している所を見せてもらうと
酷いいびきが全然ありませんでした、劇的に改善されました。

 

スポンサーリンク

体に合った枕の作り方

次に診察した43歳女性の体にあった枕を作ることに。
この女性は睡眠時間が浅く、よく眠れないという悩みが。
そこで枕を自分で作ることに。

 

そう、自分にあった枕というものを作るのです。
しかもたった3つのアイテムで作ることができます。
そこで一番重要なのが玄関マット!
玄関マットの良い所は、硬くて弾力性がある

 

用意するのは

・玄関マット 1枚
・タオルケット 1枚
・バスタオルを 1枚

作り方に入ります。

1 玄関マットを3つ折りにする
2 タオルケットを縦に一回、横に一回、最後に三つ折り
3 折ったタオルケットを玄関マットに重ねる
4 タオルケットの枚数を変えて、細かく高さを微調整

調節したら自分の体に合った枕の完成です。
横を向いて寝た時に
おでこ、鼻、あごが一直線になるのがいいと。

 

改めてレントゲン写真で寝姿勢を確認すると
体に合った枕を使っていない時は、骨が神経などを
圧迫していたんですが、身体合った枕を使ったら
首の骨が斜めに一直線になっていました。
背骨全体もリラックスし、肩や腰への負担も減らすことが
出来るとのこと、呼吸もスムーズとなります

 

もう一つ重大なポイントがあります、それは寝返りです。
体に合わない枕を使うと寝返りが打ちづらいのです。

 

寝返りは人間の生体現象としてとても重要。
1日に20回から30回は寝返りをうつといわれてます。
43歳女性の方は、5回しか寝返りを打ちませんでした。

 

寝返りが不十分だと寝返りを打つ時に、余分な力を
使ってしまうので、その時に目が覚めてしまう事がある。
なので眠りが浅くなると。

 

そこで先ほど作った体に合った枕を使って寝ると
寝返りは5回から14回に、約3倍となりました。

 

改めて、体に合った枕を作るために必要なのが
・玄関マット
・タオルケット
・バスタオル

これらを各1枚用意して、上記にある作り方を参考して作ってもらって
高さを調整して、よりよい睡眠をしましょう!

 

スポンサーリンク

寝返りロール枕の作り方、ガムテープとバスタオルで作れる

寝返りをさらにスムーズにするために
これは腰に巻く枕です、これもお家にあるもので簡単に作れる。
作り方は

1 バスタオルを縦に4つ折り
2 一番下のあばら骨から2センチ上に、タオルの端を合わせる
3 巻く位置がわかったら仰向けになり、苦しくない程度にバスタオルを巻く
4 ガムテープで固定をする

これで完成です。
すると、寝返りロール枕が寝返りをしやすくサポートしてくれます。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク