2018年8月14日放送のたけしの家庭の医学
今回は4つの特集、高血糖、便秘、血管老化
足の痺れ、1つずつ記していきます
続いては竹富島の血管若返り法について

 

 

スポンサードリンク

 

医学界も注目する沖縄県竹富島

沖縄県の竹富島、年間50万人の
観光客が訪れる人気の観光地でもあるが
医学界も注目をしている島なのです。

 

先日、健康寿命を伸ばそうAWARDで
島民たちの健康への取り組みを進めた
竹富診療所が厚生労働大臣最優秀賞を
受賞したのです。

 

その授賞理由ですが
・3年間で心筋梗塞や脳卒中によって
 救急搬送される患者を80%以上減少させた

という立派なもの。

 

そこで竹富島の人たちはどういう
生活を送っているのかを気になりますよね?

 

竹富島民の血管若返り法の極意

島民の方が皆口をそろえて話すのが
竹富診療所の
石橋興介先生のおかげと言います。

 

以前は竹富島の方達は高血圧の人や運動不足
食生活にしても野菜を殆ど摂らない
という人が多かったそうです
そこで石橋先生は
竹富島の方たちに改善点を3つ用意しました

 

1 たばこの自動販売機を完全撤去
  及び売店でのたばこの販売を中止

つまり竹富島で
タバコが買えない状況にした
この結果、島民の喫煙率は35%も下がった

 

東京都健康長寿医療センターの
原田和昌先生が残り2つの改善点の
補足ポイントを教えてくれました。

 

2 食事
野菜を多く食べ砂糖の使用を減らし
島豆腐を積極的に食べ
沖縄の伝統食を食べるようになった

 

特に島豆腐、豆腐でもいいのですが
筋肉の維持に重要な栄養素である
たんぱく質に含まれている
アミノ酸の一種であるロイシン
含まれているのです。

 

筋肉の材料や筋肉の合成を促す
スイッチの役割を果たす栄養素
ロイシンは非常に大切なもの。

 

ロイシンが多く含まれている食材は
・大豆製品
・肉や魚
・乳製品

となっております。

 

3 運動
夕方になってからウォーキングを
毎日行っている
、昼間は暑くて
歩けないので涼しくなってきた夕方に
ウォーキングをする事が日課となっている。

 

特に良いのは、夕方になると
筋肉の維持に重要な成長ホルモンが
盛んに分泌されている。

 

筋肉は破壊と再生を繰り返していて
運動で筋肉が破壊や分解を
されることで、成長ホルモンが
再生を促している。

 

成長ホルモンの日内変動で
最も多く分泌するのが夕方なのです
理に適っているという事ですね。

 

 

スポンサードリンク