乳酸菌が体に良い(これだけばかりの摂取はだめですよ)
というのはよく知られてきていますが
では乳酸菌の働きで、人の体って
どうなるのだろうか?というのは
イマイチよくわかってないこともあります。

 

なので簡単にではございますが
最近の報告で、乳酸菌は身体に
どのような働きをしているのかを記します。
(これが全員に当てはまるということはありません)

 

 

スポンサードリンク

 

その1 整腸作用に期待

大腸や直腸などに溜まっている便を
スムーズに出やすくしてくれたり
お肉などを食べた場合の腐敗した産物の
発生を抑えてくれたり
体に良い腸内細菌の働きを強くしたりする
ということがわかってきている。

 

その2 脂質代謝の改善に期待

乳酸菌を含む食べ物を摂取することで
腸内細菌が胆汁酸などの排出を促進してくれる
血中のコレステロールの値や中性脂肪値も
低下することにも期待が持てることが
わかってきています。

 

その3 免疫細胞の活発化に期待

腸は免疫力の6割、もしくは7割の
力を担っているといわれる位、重要な臓器
乳酸菌を摂取することで免疫細胞が
増加していき、体内にいざウイルスや
細菌、はたまたがん細胞などと
戦う時に重要な役割を果たすNK細胞が
活発化することが期待されている。

 

その4 血圧降下作用に期待

血圧が降下するという報告があるとのこと

 

その5 免疫抑制に期待

その3とつながる所ではあります
自己免疫疾患とも呼ばれている花粉症や
アレルギー性皮膚炎、食べ物のアレルギーなど
免疫の反応が過剰になってしまい
自分の細胞を傷つけたりします
この免疫細胞の暴走を乳酸菌が抑えてくれて
その結果、炎症を抑えてくれる
ということに期待が持てるようです。

 

他にも報告されている事はありますが
一部を記してみました。

 

人の体質によって変わってきますが
腸内細菌を整えていくと、変化があった
または全然変わらなかった
という事もあります。

 

あくまで研究を重ねていくと
こういう結果が得られましたという事
なので、参考程度に考えましょう
世の中絶対こうです、なんていうこと
ないですからね。

 

 

スポンサードリンク