肥満になる仕組みの簡単な解説、浅いダイエット学その1

Pocket

私は本格的にダイエットをしなければならないくらい
太ったわけでもないので、本当に太った人の
気持ちに寄り添うことはできません。

 

しかしここ数年腹ばかりでてきて、みっともない体型と
なってしまったので短期間ではありますが
このお腹を引っ込めるためにどうしたらいいのか?
ということを考え、数ヶ月間の有酸素運動、そして筋トレを
実践してみました。

 

実践をするにあたり調べたこと
そして身体に起こった変化を記していこうと思います
私が最初に知っておきたかったのはどうして太るのか?
つまり皮下脂肪がつくメカニズムというやつですね。

 

 

スポンサードリンク

 

皮下脂肪がつくのは脂肪が原因ではなく炭水化物だった

あんなにも脂っこいものばっかり食べるから
太るんだよ~なんていうことを口にしたり
太っている人を見て言ったことありませんか?

 

そうですよね、唐揚げとか焼肉、とんかつなどなど
こういう食品が好きな人ってどうしても太っている
イメージがあります。

 

確かに食べすぎると太るのは当たり前ですが
上記の食品が好きな人って、決まって傍らにある
主食が置かれていますよね?しかも盛りっと(笑)

 

もうお気づきかと思いますが、お米です、白米。
この白米が我々を太らせている原因なのです。
白米=太ってしまう悪い食品
というイメージは持たないでくださいね
あくまで食べ過ぎるから太るということなので。

 

ではこの白米=炭水化物が体内に入ると
どうやって太る原因になるのかって気になったことあります?

 

炭水化物が脂肪になってしまうまで

炭水化物=糖質やブドウ糖、これらの言葉を使いますが
ここでは意味として同じだと思ってください。

 

炭水化物、白米やパン、パスタなどを食べると体内では
炭水化物が分解され糖質となります。

 

そして胃で消化されて、小腸へ移動する
そしてここで糖質、つまりブドウ糖に分解され
吸収してからまず移動するのが肝臓。

 

肝臓にグリコーゲンという物質になって蓄えられて
全身の血液へと送り出される、この血液中にも
ブドウ糖は一定数あります、足りなくなったりすると
肝臓からグリコーゲンを分泌させて血液内に
ブドウ糖の数がちょうどいいバランスを保っている。

 

しかし食事をすると、ブドウ糖がたっぷりと入ってきて
血液内にも多くなってしまう、そこで登場するのが
すい臓から分泌されているインスリン。

 

インスリンは食事で増えた余分なブドウ糖を捕まえて
筋肉細胞や脂肪細胞に取り込んでくれます
これで血液内のブドウ糖の量を減らしてくれるのです
しかし食べ過ぎると話は変わります。

 

炭水化物を大量に食べるとどうなるか?

当然血液内のブドウ糖の数も大量になっています、その分
インスリンも大量に分泌されます
だけど次の行動となる、筋肉細胞や脂肪細胞に蓄積するという
行動となるのですが、ここで問題が出るのです。

 

どういうことかというと、筋肉細胞や脂肪細胞がブドウ糖を
蓄積する容量にも限界があります、そしたらどちらの細胞も
もう限界だからブドウ糖いらないよ!
ってくらいまでブドウ糖を入れることで脂肪細胞が
ぐんぐんと成長して太っていく
、これが肥満の仕組み
だけど、これだけでは終わらないんですよ・・・

 

肥満や炭水化物大好きな人は、例のあの病気を
抱えている人がとても多い。

 

血液内のブドウ糖の量が限界を超えるとどうなるのか?
脂肪細胞はインスリンが入ってくる入り口にカギをする
そしてこれ以上細胞に入ってこないように
インスリンの働きを弱める物質を出してくる

 

そうなるとどうなるのか?
インスリンの働きは弱まって、血液内にはブドウ糖が数多く
漂ったままとなってしまう、血液中のブドウ糖
つまり血糖が多くなり、これがよくいう血糖値が高い状態
これが長期間続くと糖尿病となるのです。

 

糖質のとりすぎというのはこれだけ身体に悪影響を及ぼす
若いからといって食べまくっても、必ず加齢で
どこかに影響が出てきます。

 

もう一つ、肥満を予防するための方法でカロリー量を
減らすという話がある、それについては
次項で簡単な解説をします、下記のボタンをポチリね。
ダイエットする時カロリーを気にする必要無し!

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

コメントは受け付けていません。