エクオール(産生菌)とは?更年期障害の軽減となるのか?効果はどの様な事がある?

Pocket

ここ最近何かと注目されているエクオールですが
いまいちどういう成分かがわからない・・・
という人もいらっしゃるかと思います
そこで、今までエクオールに関しての放送を
まとめてみましたので、よろしければ御覧ください。

 

 

スポンサードリンク

 

エクオールとは?

あなたが大豆食品を食べたとしましょう、そして
腸内に到達する頃には、大豆イソフラボンとなり
その一種であるダイゼインが
エクオール産生菌(ラクトコッカス20‐92株)
によって消化されて、それから
エクオールという物質が生まれる
のです。

 

このエクオール、女性にとっては嬉しい効果がいくつかあります
・女性ホルモンと似た作用をする
・更年期障害の症状軽減
・乳がんや前立腺がん予防
・肌が綺麗になっていく
・骨粗しょう症のリスク軽減

など、体調が気になりだしてくる30代や40代
閉経後の女性の体質を維持するためには
重要な物質ということがわかる。

 

しかしエクオールは、残念ながら全員が持っている
わけではありません、持っていない人もいるのです。

 

エクオール産生菌がいるとエクオールが腸内で作られる

エクオールを作るにはまず、腸内細菌の中に
エクオール産生菌という微生物がいないといけません。

 

これがエクオールを作る元となっているので
エクオール産生菌がいないということは一生
エクオールを生み出すことはできません。

 

今後の研究次第で、ひょっとしたらエクオール産生菌が
ない状態でもエクオールを生み出すことが
可能になる未来が訪れるかもしれませんが・・・

 

エクオール産生菌を持っている日本人は2人に1人と
言われております、つまり日本総人口半分は
エクオール産生菌を持っていない。

 

しかしこういう情報もあるのです、それは
腸内細菌の権威でもある理化学研究所の辨野義己先生が
実験でエクオールを作れない人に食生活を
改めてもらい、エクオールの活性度を上げる食生活に
してもらった結果、1年半かかりましたが
エクオールを作れるようになったという実験結果が
出た
というのです。

 

エクオール産生菌を持っている人の食生活が気になる

恐らく一番気になるところでしょうけど
ある番組でエクオール産生菌を持っている人に話を伺うと
・小さな頃から大豆食品を毎日のように食べていた
・緑茶をよく飲んでいた(研究段階)

という事がわかった、つまり毎日大豆製品を食べたおかげで
エクオール産生菌が腸内細菌として定着したと
考えられるのです。

 

じゃあ持っていない人は諦めるしかないのか・・・
と考えてしまいますが、エクオールが作れなくても
大豆製品には大豆イソフラボンなど、身体にいい成分が
含まれているので摂取することが大切。

 

大豆製品+食物繊維で補っていこう

大豆イソフラボンの一種である、ダイゼイン
これが大豆よりも多く含まれている食品があります
それはくず、です。

 

葛粉といえば分かるかと思います、この葛粉に
ダイゼインが含まれている
くず餅で食べたりするといいですね。

 

そして食物繊維、エクオール産生菌も腸内細菌の一種です
色々な食物繊維と大豆製品を摂取して、腸内環境を整えると
上記で未来の話をしましたが
エクオール産生菌の活性度をあげてくれる可能性もある。

 

2017年5月に放送された主治医が見つかる診療所では
そのように言われていた、そしておすすめの食材で
紹介されたのが寒天
寒天は食物繊維がダントツに多いことで知られている。

 

また、2017年2月24日放送のその原因Xにありでは
納豆とアボカドを一緒に食べることが
オススメとして紹介されていました。

 

このようにして見ていくと、エクオールが大切なのは
わかりますが、同時に腸内細菌や環境というのも
エクオール以上に大切なのかもしれませんね。

 

食べるより手っ取り早くエクオールサプリで補う!

私は基本的には食事でなんとかしてほしいと
思っているのですが、こういう人も中にはいます
・料理をたくさん作るのは面倒
・様々な食材を購入する費用がかかってしまう
・そもそもゆっくり食事をする時間がない

人の過ごし方は多様化していますからね。

 

そこで勧めるのはサプリメントの活用ですが
今回はこちらの商品を紹介させていただきます
(絶対にエクオール産生菌が活発になる訳ではありません)

 

・小林製薬のエクオール
定期購入もありますし、1袋だけまずは
試してみたいな・・・という場合にはこちら
初回購入価格は通常価格の◯◯引き!?


 

以上、現在エクオールについてわかっていることを
まとめさせていただきました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

コメントは受け付けていません。