冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

テレビシンポジウム、がんと共に生きる社会を築くためには?

Pocket

2017年15日放送のテレビシンポジウム、今回は
ガンと生きる、という特集です
去年の12月にがん対策基本法という法律が改正され
がん患者が安心して暮らせる社会の構築
というものを目指していく
果たしてどのような取り組みを我が国は行って
いけばいいのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

組み合わせて行う集学的治療が主に行われている

いま日本のがん治療といえば
・手術
・放射線治療
・抗がん剤治療

とあります、現在生存率は以前よりも高まって
きている、治療をうまく組み合わせることが
出来てきているのも理由の一つです。

 

69歳の男性、食道がんが発覚し術前補助化学療法
という手術の前に抗がん剤や放射線で
ガンを小さくしていく治療法です。

 

しかし、術後の後遺症や抗がん剤の副作用が強く出たようで
水は飲めない、目の奥が痛い、頭痛などです。

 

このせいもあり、パティシエをしていたこの男性は
副作用の辛さで仕事を継続することは不可能
という状態にまでなりました。

 

そこで男性の通う病院のリハビリテーション科の中に
食道がん周術期管理チーム、というものがありました
周術期というのは手術を受けた後を指します。

 

理学療法士、看護師、管理栄養士、歯科衛生士などが
主治医の指示のもと、チームを組んで患者に
リハビリをして治療以前の生活に戻ることを
目的としています。

 

支持療法というものもあり、これは後遺症や副作用を
軽減するための治療、薬物療法(西洋薬や漢方薬など)
リハビリ、栄養指導などを行って治療をしていくというもの。

 

がんを患うとこのような苦痛を伴ってしまう

 

ガンと共に生きる社会とは?

例えばがんになった、という事がわかり相談を
するというのは医療機関ではたったの1%で
相談をする機関は0%という事がわかった、これは
2015年のデータだそうです。

 

今現在は改善の兆しはあるでしょうが、やはり
ガンという事がわかってしまい、仮に自分の勤め先に
相談をしても会社をクビになってしまうのでは?
という不安もあると思います。

 

そこでガン相談支援センターというものが
国立がん研究センター東病院にはあり
そこへ相談に来た女性、悩んでいることは
子供にがんの事をどう伝えればいいのか?

 

隠し通した方が子供のためなのか?
話すべきなのか?
最適な方法を取りたいが、どれがいいのか
わからないとのこと。

 

そこでポイントとなったのが
・誰のせいでもない
・病名をきちんと伝える
・うつる病気ではない

という事です。

 

その後女性は、がんのことを子供に伝えました
意外にも子供たちは、冷静に状況を受け止めたそうです
大事な事をメモもとっていた。

 

民間でも様々な取り組みが行われている

パネリストの中に、キャンサーペアレンツという
一般社団法人の方がいらっしゃったのですが
ここは、子供を持つがん患者のコミュニティーを
目的としたもの、その交流会が行われていた。

 

代表の西口さんは35歳の時にステージ4の胆管がんが
見つかりました、その際何かを相談する
コミュニティーというものが
インターネットなどの中になかったとのこと
その事もあり、コミュニティーサイトを立ち上げよう
というのが、キャンサーペアレンツ発足のきっかけです。

 

国と民間が上手に手を取り合い
がん患者が社会と共存していくか?
国民全体が関心を示していかないといけませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?